小学生24人の本気が大人を動かす!東京高円寺阿波おどりから便乗ごみをなくそう!

5年生の後半から総合学習の時間を使い、“高円寺の街をよりよくしよう”という目標に向かって、さまざまなことに取り組んできた杉並区立杉並第八小学校6年1組の24人。これまでの活動や成果を報告し、協力体制をつくるための発表会が開かれたよ!

 

高円寺が盛り上がる夏の一大イベント

2019年6月15日(土)、杉並区立杉並第八小学校(以下:杉八小)の6年1組のみんなが、『高円寺阿波おどりと高円寺の街の課題とこれから』と題した発表を行ったよ。高円寺には東京の夏の風物詩の1つともいえる、“東京高円寺阿波おどり”という祭りがあるんだ。今年で第63回目を迎えるこの祭りでは、1万人の踊り手が通りを練り歩き、見物客はなんと約100万人!活気があり、盛り上がるお祭りだよ。

発表会の総合司会を務めてくれた3人。左からパソコン担当の多田幸哉さん、橋本虎幸さん、北原琉聖さん。

ただ、楽しいばかりではないんだ。祭りの翌日には、街のいたる所にごみの山ができてしまう。しかも、祭りで出たごみに混じり、長机や扇風機、冷蔵庫など、どこからか運ばれて来た粗大ごみの他、事業ごみや家庭ごみが、阿波おどり後のごみ回収をねらって捨てられているとのこと。これは“便乗ごみ”とよばれ、相当な量になるそうだ。そんな現状を少しでも良くしようと、杉八小の6年生が立ち上がったよ!

祭りの翌日、山積みになったごみ。

ふるさとのごみをほってはおけない!

杉八小のみんなは、街頭に出て、街の人の意識調査を行ったり、東京高円寺阿波おどり実行委員会安全対策委員の方に話を聞いたりなどして、ごみ問題の解決に取り組むことを決定。中でも、便乗ごみに焦点を当て、5つのグループに分かれて活動を始めたんだ。

そのグループとは、ポスターでごみ問題をよびかける「関係施設・校内配布グループ」、地域の掲示板や回覧板を活用する「ポスター&チラシグループ」、学校の近所の人にチラシを配る「ポスティンググループ」、この活動を広く知ってもらうためにマスメディアに連絡を取る「マスメディアチーム」、インターネットにも情報を載せる「インターネットグループ」の5つ。みんな、自分たちの活動をパワーポイントにまとめ、たくさんの大人の前で発表したよ。大人たちは、子どもたちの真剣な取り組みに大きな拍手を送り、協力を約束してくれたよ。エコチルも杉八小6年生の活動を応援していくよ! エコチル読者のみんなも、ごみの問題について、いま一度、考えてみてね。

それぞれのグループが、順番に発表を行ったよ。

 

杉八小6年生、ごみ問題へのこれまでの取り組み

東京高円寺阿波おどり実行委員会の方や町内会会長、昨年の6年生など、さまざまな人から話を聞き、自分たちにできることは何かと考えた結果、ごみ問題に取り組むことにしだんだって。その活動の模様の一部だよ。

エコチルとは?

エコチルとは、「エコロジーチルドレン」の造語で、
「子どもたちに、もっと環境に関心をもってもらえる機会をつくろう」
「地域社会と学校、家庭をエコでつなぐプラットフォームとなろう」
という思いから、札幌版を2006年、東京版を2013年に創刊いたしました。

地域社会(学校、家庭、行政、NPO、企業)をエコでつなぎ、「地球を守るためにできること」を子どもたちと一緒に考えていく−それが「エコチル」です。

創刊:2006年4月
部数:76万部(北海道版25万部 東京版31万部 横浜版20万部
頻度:毎月1回(北海道版 毎月中旬、東京版・横浜版 毎月上旬)
体裁:B判タブロイド、フルカラー、8P〜24P
配布:北海道版 北海道内 公立小学校約1040校(配布率99%)
   東京版 東京23区公立小学校約747校(配布率90%)
   横浜版 横浜市内18区の約343校
   ※その他 児童会館や公共施設などにも設置
(2019年2月時点)

※エコチルは、株式会社スクルーと提携している株式会社アドバコムが発行する機関紙です。
お問い合わせ

関連