[埼玉県こども動物自然公園]生き物ってオモシロイ!!|今月のどうぶつ:コアラ

 

コアラ
学名: Phascolarctos cinereus
生息地:オーストラリア東部
分類:カンガルー目 コアラ科

ユーカリの葉を食べる動物たち

キリン 偶蹄目キリン科
クオッカ カンガルー目 カンガルー科

とてもグルメなコアラ

みなさんはコアラが何を食べるか知っていますか?答えはユーカリです。ユーカリといっても種類は600以上あり、コアラが口にするのは、その内の数十種です。コアラが選ぶユーカリの種類は、個体それぞれでちがいます。さらにいつも同じ種類を好むとは限りません。

実際にえさの時間を観察してみると、コアラがユーカリを手に取り、においをかいで葉を選んでいる姿が見られます。こども動物自然公園では、コアラが好みのユーカリをいつでも選べるように、年間15種類以上のユーカリを入荷し、毎日最低でも5〜8種類以上をあたえています。

コアラは水を飲まない?

こども動物自然公園で飼育している大人のコアラは、オスメスや個体差などによりますが 1日に 100〜500gほどのユーカリの葉を食べます。水を飲むことは、あまりありません。必要な水分も、ユーカリの葉から取っているのです。

子どものコアラは、ユーカリの葉を食べるようになる前に、お母さんの半分消化したふん(パップとよばれる離乳食)を食べます。お母さんの盲腸にいる微生物を食べて、ユーカリの葉を消化できるようになります。

お母さんの袋から顔を出す子どもコアラ

コアラが食べなかったユーカリは、こども動物自然公園では、きれいな部分をキリン、ワラビー、クオッカにあたえています。みなさんも動物園に来たときは動物だけでなく、えさや展示場スペースにも注目してみてください。

バケツごとにちがう種類のユーカリを用意

こども動物自然公園ニュース

クオッカの赤ちゃんがお目見え!

4月27日(火)、埼玉県こども動物自然公園では、クオッカの赤ちゃんがお母さんのお腹の袋から顔を出しました。クオッカは、下から見た顔が笑顔に見えることから、「世界一幸せな動物」と呼ばれています。赤ちゃんの成長の様子はSNS等で紹介していますので、ぜひご覧ください。

 


写真提供:埼玉県こども動物自然公園

埼玉県こども動物自然公園
埼玉県東松山市岩殿554
TEL.0493-35-1234
https://www.parks.or.jp/sczoo/

 

エコチルとは?

エコチルとは、「エコロジーチルドレン」の造語で、
「子どもたちに、もっと環境に関心をもってもらえる機会をつくろう」
「地域社会と学校、家庭をエコでつなぐプラットフォームとなろう」
という思いから、札幌版を2006年、東京版を2013年に創刊いたしました。

地域社会(学校、家庭、行政、NPO、企業)をエコでつなぎ、「地球を守るためにできること」を子どもたちと一緒に考えていく−それが「エコチル」です。

創刊:2006年4月
部数:76万部(北海道版25万部 東京版31万部 横浜版20万部
頻度:毎月1回(北海道版 毎月中旬、東京版・横浜版 毎月上旬)
体裁:B判タブロイド、フルカラー、8P〜24P
配布:北海道版 北海道内 公立小学校約1040校(配布率99%)
   東京版 東京23区公立小学校約747校(配布率90%)
   横浜版 横浜市内18区の約343校
   ※その他 児童会館や公共施設などにも設置
(2019年2月時点)

※エコチルは、株式会社スクルーと提携している株式会社アドバコムが発行する機関紙です。
お問い合わせ

関連