【エコなひと】自分の体五感をフル活用した本格 的な体験を提供し、自分の未来や、 エコや自然にも目を向けさせる|株式会社みらいスクール 菅野 高広さん

今月のテーマ:ワクワクの体験で子どもたちに多くの学びを

今回、お話をうかがったのは株式会社みらいスクールの菅野高広さんです。本場でその道のプロフェッショナルといっしょに本物にふれる。体験を通して、子どもたちの可能性を広げています。

自分の体と五感をフル活用した本格
的な体験を提供し、自分の未来や、
エコや自然にも目を向けさせる

株式会社みらいスクール 代表取締役 菅野 高広さん

みらいスクール代表取締役校長。ワクワクの学び体験サービス「ギフテ!」を運営。
2015年のサービス開始から15,000人の親子に体験を提供している。

 

子どもたちに役立つさまざまな体験を!

みらいスクールはギフテ!という、〝本人・本場・本物〞から学ぶ本格体験を企画・運営しています。忍者修行の体験や、3Dプリンタを使ったロボットフィギュアの制作の他、自然観察や釣り、料理など、さまざまな体験がそろっています。

「私たちは社名の通り、未来の学校の形を作ることを目指しています。私の思う未来の学校とは、いろいろな職業の大人が先生になれる場所。そのような学校で、子どもたちがさまざまな世界に直接ふれる体験をすることで、未来へのきっかけ作りをお手伝いしたいです」と、菅野さんは話します。

自分の体を動かしてエコや自然も楽しく学ぶ

ギフテ!が行う本物体験のなかには、エコに関係するものもたくさんあるそうです。

「ギフテ!には、仕事・科学・文化・表現・自然という5つの分野があり、たくさんの種類の体験があります。エコと関係が深いのは、科学と自然の体験です。特に自然は、畑や田んぼでの農業体験、公園や里山での自然観察などを通し、自然の循環や生き物の生態系といった、生き物やエコについて楽しく学べる体験ができます。

みんなにはギフテ!だけでなく、自分の目や耳、手や足で直接ふれる体験をいろんな場所でたくさんしてほしいと思います」

エコチルとは?

エコチルとは、「エコロジーチルドレン」の造語で、
「子どもたちに、もっと環境に関心をもってもらえる機会をつくろう」
「地域社会と学校、家庭をエコでつなぐプラットフォームとなろう」
という思いから、札幌版を2006年、東京版を2013年に創刊いたしました。

地域社会(学校、家庭、行政、NPO、企業)をエコでつなぎ、「地球を守るためにできること」を子どもたちと一緒に考えていく−それが「エコチル」です。

創刊:2006年4月
部数:76万部(北海道版25万部 東京版31万部 横浜版20万部
頻度:毎月1回(北海道版 毎月中旬、東京版・横浜版 毎月上旬)
体裁:B判タブロイド、フルカラー、8P〜24P
配布:北海道版 北海道内 公立小学校約1040校(配布率99%)
   東京版 東京23区公立小学校約747校(配布率90%)
   横浜版 横浜市内18区の約343校
   ※その他 児童会館や公共施設などにも設置
(2019年2月時点)

※エコチルは、株式会社スクルーと提携している株式会社アドバコムが発行する機関紙です。
お問い合わせ

関連