【横浜版】よこはま動物園ズーラシアだより 生き物ってオモシロイ!!|今月の動物:テングザル

学名: Nasalis larvatus
生息地:ボルネオ島
霊長目 オナガザル科

リーフイーターモンキーの仲間

テングザルは、フランソワルトンやアビシニアコロブスと同じく、木の葉を主食とします。

 

天狗のような大きく立派な鼻!!

テングザルは、ボルネオ島の沿岸部、川沿いに広がる密林に生息しています。テングザルの特徴として、大きく立派な天狗のような鼻があります。この天狗のような鼻は、テングザルの名前の由来にもなっています。また大きな鼻は、大人のオスにあり、大人のメスや子どもは小さな鼻です。では、なぜこのような鼻になるのでしょうか?諸説ありますが、メスへのアピールや大きな声を出すための共鳴器、体温を下げる役割があるといわれています。

ズーラシアではオスもメスも飼育していますので、ぜひ鼻の大きさを見比べてみてください。

天狗のような大きく立派な鼻

 

テングザルの赤ちゃん誕生!!

2019年1月15日ズーラシアでテングザルの赤ちゃんが誕生しました! ズーラシアでは2009年からテングザルの飼育繁殖に取り組み、今回が4回目の赤ちゃん誕生となります。生まれた赤ちゃんはオスで、愛称投票の結果、ココに決まりました。ココという愛称には、じょうぶに育ってほしいという願いをこめて、インドネシア語で「がんじょうな」という意味があります。

ズーラシアでは現在5頭のテングザルを飼育しています(2019年5月現在)。ココは姉たちにかわいがられて、きずなの強い家族がより一層にぎやかになりました。ぜひ、子育てのやりとりを目の前で見てください。

テングザルの親子

 

ズーラシアニュース

今年もズーラシア夜市開催!

ズーラシアの開園20周年をお祝いする、楽しみいっぱいの夜市を開催します。アニマル柄のオリジナルちょうちんやバースデーケーキ型のオブジェなどのデコレーションで、20周年を盛り上げます。また、世界のグルメフードが楽しめるキッチンカーなどもあります。みんなで盛大に開園20周年をお祝いしましょう!

 


写真提供:よこはま動物園ズーラシア

よこはま動物園ズーラシア
【指定管理者 公益財団法人横浜市緑の協会】
〒241-0001
横浜市旭区上白根町1175-1
TEL 045-959-1000
http://www.hama-midorinokyokai.or.jp/zoo/zoorasia/

エコチルとは?

エコチルとは、「エコロジーチルドレン」の造語で、
「子どもたちに、もっと環境に関心をもってもらえる機会をつくろう」
「地域社会と学校、家庭をエコでつなぐプラットフォームとなろう」
という思いから、札幌版を2006年、東京版を2013年に創刊いたしました。

地域社会(学校、家庭、行政、NPO、企業)をエコでつなぎ、「地球を守るためにできること」を子どもたちと一緒に考えていく−それが「エコチル」です。

創刊:2006年4月
部数:76万部(北海道版25万部 東京版31万部 横浜版20万部
頻度:毎月1回(北海道版 毎月中旬、東京版・横浜版 毎月上旬)
体裁:B判タブロイド、フルカラー、8P〜24P
配布:北海道版 北海道内 公立小学校約1040校(配布率99%)
   東京版 東京23区公立小学校約747校(配布率90%)
   横浜版 横浜市内18区の約343校
   ※その他 児童会館や公共施設などにも設置
(2019年2月時点)

※エコチルは、株式会社スクルーと提携している株式会社アドバコムが発行する機関紙です。
お問い合わせ

関連