[鶴岡市立加茂水族館]生き物ってオモシロイ!!|今月のどうぶつ:キタゾウアザラシ

 

キタゾウアザラシ
学名:Mirounga angustirostris
生息地:アラスカからカリフォルニアやメキシコ・バハカリフォルニア太平洋岸
分類:食肉目 アザラシ科

ゾウのような大きな鼻が特徴

つき出した大きな鼻はオスだけのものですが、メスの鼻は動くとシワが見えて、ゾウの鼻のよう。オスの体は、メスに比べてとても大きいです。

キタゾウアザラシの暮らし

キタゾウアザラシは、えさを探すために、1年の4分の3ほどは太平洋を泳いで移動します。年2回移動を行いますが、オスとメスではルートが異なります。えさは魚類やイカ、タコなどで、それらをとるためにオスは、1,500mの深さまで、2時間ももぐることができます。  

一夫多妻でハーレムを作り、メスはカリフォルニアの海岸で出産します。生まれた赤ちゃんは真っ黒な産毛におおわれていて、体重は30㎏ほど。母乳を飲んで育ちます。生後約1カ月で、100〜150㎏まで成長します。

発見時のなおみ

加茂水族館の キタゾウアザラシ

キタゾウアザラシは現在、国内では加茂水族館でしか見ることができません。水族館では、2017年 月に近くの海岸で保護したメスの「なおみ」を飼育しています。  

保護された当時のなおみは体長約210㎝、体重273㎏で、とても弱っていました。治療をしていく内に、なおみの警戒心がなくなり回復したため、2018年3月に一般公開となりました。

なおみは展示プールの透明なかべに、鼻でブレーキをかけるように泳いだり、上半身をプールの中に入れて下半身を陸に上げたエビフライのようなおもしろい姿でねたりします。ぜひ、日本ではめずらしいキタゾウアザラシの様子をじっくり観察してみてくださいね。

「エビフライ」のような姿でねている様子

かもすいニュース

「オールナイトカモスイ〜くらげまみれ〜」

公式You Tubeチャンネルでは、毎週土曜日夜6時ごろから翌朝8時ごろまで一晩中、館内のさまざまなクラゲの様子を、おうちでもじっくり観察できる動画の配信をしています。ぜひおうちでも、きれいなクラゲの姿を見て、いやされたり楽しんだりしてくださいね。

 


写真提供:加茂水族館

鶴岡市立加茂水族館
〒997-1206 山形県鶴岡市今泉大久保657-1
TEL.0235-33-3036
https://kamo-kurage.jp

 

エコチルとは?

エコチルとは、「エコロジーチルドレン」の造語で、
「子どもたちに、もっと環境に関心をもってもらえる機会をつくろう」
「地域社会と学校、家庭をエコでつなぐプラットフォームとなろう」
という思いから、札幌版を2006年、東京版を2013年に創刊いたしました。

地域社会(学校、家庭、行政、NPO、企業)をエコでつなぎ、「地球を守るためにできること」を子どもたちと一緒に考えていく−それが「エコチル」です。

創刊:2006年4月
部数:76万部(北海道版25万部 東京版31万部 横浜版20万部
頻度:毎月1回(北海道版 毎月中旬、東京版・横浜版 毎月上旬)
体裁:B判タブロイド、フルカラー、8P〜24P
配布:北海道版 北海道内 公立小学校約1040校(配布率99%)
   東京版 東京23区公立小学校約747校(配布率90%)
   横浜版 横浜市内18区の約343校
   ※その他 児童会館や公共施設などにも設置
(2019年2月時点)

※エコチルは、株式会社スクルーと提携している株式会社アドバコムが発行する機関紙です。
お問い合わせ

関連