抽選でプレゼントがあたる!エコワードパズル【4月号】

クロスワードを解いて、アルファベットの順に並べると、何という言葉になるかな?

問題の答えを応募して、プレゼントをもらおう!

正解者の中から抽選で30名様に「体験型屋内パーク『アネビートリムパーク』全店共通 特別招待券(1枚につき親子2名まで1時間無料)」があたるよ!

 

タテのカギ

①はなれている人と話をするための機械。「携帯〇〇〇で連絡をとる」。
②ねるときに使う、フカフカで暖かいもの。しくものと、かけるものがあるね。
③2、4、6、8、10は偶数。
 では、1、3、5、7、9は何という?
④インドカレーなどにつけて食べるパン。うすくのばしてかまどにはりつけて焼くよ。
⑤今までなかった技術や方法、機械などを、新たに考え出す人のこと。

 

ヨコのカギ

①部屋や街などを明るく照らすもの。
 「使わない〇〇〇を消して節電しよう」。
④“ある”の反対の意味の言葉。
 「時間が〇〇ので、いそいで行こう」。
⑥会社などで働く人が、よく着るもの。“背広”ともいうよ。
⑦日本古来の風俗・様式のこと。日本風や和式ともいう。
⑧地球全体の平均気温が上がること。COの増加が原因の1つだよ。

 

締め切り:H30年4月25日(水)

当選は賞品の発送をもって代えさせていただきます。

応募はこちらから

賞品提供:エイアンドビーホールディングス株式会社

 


エコチルとは?

エコチルとは、「エコロジーチルドレン」の造語で、
こどもたちがもっと環境に関心をもてるように身近に考えてもらえる機会をつくろう!
地域社会と学校、家庭をエコでつなぐプラットフォームとなろう!
そんな想いからスタートしました。


ゼロからスタートしたエコチルづくりでしたが、各企業、行政、学校関係者の方々のご協力を頂き、札幌版2006年4月、東京版2013年4月に第一号を無事創刊しました。
札幌市内197校の小学校と児童会館、東京都23区760校の小学校に毎月配布させていただいております。
(2017年3月現在)

エコチルでは、オールフルカラー8~20ページの紙面に環境についての特集をはじめ、各学校で取り組まれている環境教育の紹介や、地球から影響をうけるからだのはなし、ワードクイズやエコマンガ、地域のエコ活動や環境イベント情報などをふんだんに盛り込み、こどもたちが楽しく環境活動を学べるようページ構成をしています。

※エコチルは、株式会社スクルーと提携している株式会社アドバコムが発行する機関紙です。
お問い合わせ

関連