遊んで学べる体験予約サイト「MANAVIVA!」がオープン!!

 

静岡県の多様な自然や文化、人との出会いを通じて、子どもたちが新たな世界と自分を発見し、生きる力を養う学びの場“MANAVIVA!”がオープンしました。MANAVIVA! には、森・海・川での自然体験、陶芸・手芸・革細工といったものづくり、田舎での暮らしや農業など、約30種類の体験プログラムが用意されています。中でも、秋におすすめしたい3つの体験プログラムをご紹介します。

鳥のように空を自由に散歩しよう!「パラグライダータンデムフライト」
パラグライダーの達人といっしょに、山頂から高低差約700mの空中散歩を20分間ほど楽しむよ。

11月の開催予定
全日開催予定
※12月の予約も受付中

深海の不思議にふれる! 「深海専門漁船に乗る-シンカイ編-」
深海専門漁船「長兼丸」に乗船し、駿河湾での深海漁に密着。不思議な深海生物にいくつ出会えるかな?

11月の開催予定
11/14〜29までの土日祝日
※12月の予約も受付中

液状ガラスからグラスを作ろう! 「吹きガラス」
1100℃以上に熱された液状のガラスをパイプに巻き取り、息をこめながら転がして形を整え、オリジナルのグラスを作るよ。

11月の開催予定
不定期開催(開催日はHPをご確認ください)
※12月の予約も受付中

 

>>> 「MANAVIVA!」公式サイトはこちらから

 


公益財団法人するが企画観光局

TEL 054-204-6677(対応可能時間 平日10:00〜17:00)
MAIL info@manaviva-suruga.com 

 

エコチルとは?

エコチルとは、「エコロジーチルドレン」の造語で、
「子どもたちに、もっと環境に関心をもってもらえる機会をつくろう」
「地域社会と学校、家庭をエコでつなぐプラットフォームとなろう」
という思いから、札幌版を2006年、東京版を2013年に創刊いたしました。

地域社会(学校、家庭、行政、NPO、企業)をエコでつなぎ、「地球を守るためにできること」を子どもたちと一緒に考えていく−それが「エコチル」です。

創刊:2006年4月
部数:76万部(北海道版25万部 東京版31万部 横浜版20万部
頻度:毎月1回(北海道版 毎月中旬、東京版・横浜版 毎月上旬)
体裁:B判タブロイド、フルカラー、8P〜24P
配布:北海道版 北海道内 公立小学校約1040校(配布率99%)
   東京版 東京23区公立小学校約747校(配布率90%)
   横浜版 横浜市内18区の約343校
   ※その他 児童会館や公共施設などにも設置
(2019年2月時点)

※エコチルは、株式会社スクルーと提携している株式会社アドバコムが発行する機関紙です。
お問い合わせ

関連