【食育特集】買い出し・調理から片付けまで!すべて自分でやる〝弁当の日〟って何?

2001年に香川県の小学校からスタートした〝弁当の日〟は、2018年7月現在、全国1898校で実践されているんだ。そんな〝弁当の日〟を紹介していくね。

 

弁当を作るのは子どもたち!

〝弁当の日〟というのを聞いたことはあるかな? これは、2001年に香川県の滝宮小学校で始まった、子どもたちが1人で弁当を作り、学校へ持っていく取り組みのこと。何を作るか決めるのも、買い出しも、調理も、弁当箱につめるのも、片付けも、すべて子どもたちが行うよ。

全部自分で!? 包丁を使ったこともないのに…なんて不安になるかもしれないね。だったら、スーパーへ買い物に行ってみる、卵を割ってみる、おかずを弁当箱につめてみる、といったところから始めてみたらどうかな。それだけでも、たくさんのことが分かるよ。すべて自分でやることを最終目標に、まずは一歩を踏み出してみよう。ちょうど、秋の遠足の時期。自分が関わった弁当は、いつも以上においしいはずだよ!

食中毒に気をつけろ! 弁当クイズ       ◯か×で答えてね。

Q1. おかずは温かいうちに弁当箱につめる (   )

Q2. 弁当を前日に作っても、冷蔵庫で保存しておけば大丈夫 (   )

Q3. ウメボシには殺菌効果がある(   )

Q4. 少し濃いめの味付けのほうが傷みにくい(   )

Q5. 食中毒を気をつけるのは夏だけでいい(   )

答え Q1.×、Q2.×、Q3.〇、Q4.〇、Q5.×

 

協力 : 弁当の日応援プロジェクト事務局


大福くんについてくわしくはWEBをみてね! >>>  大福くん

エコチルとは?

エコチルとは、「エコロジーチルドレン」の造語で、
こどもたちがもっと環境に関心をもてるように身近に考えてもらえる機会をつくろう!
地域社会と学校、家庭をエコでつなぐプラットフォームとなろう!
そんな想いからスタートしました。


ゼロからスタートしたエコチルづくりでしたが、各企業、行政、学校関係者の方々のご協力を頂き、札幌版2006年4月、東京版2013年4月に第一号を無事創刊しました。
札幌市内197校の小学校と児童会館、東京都23区760校の小学校に毎月配布させていただいております。
(2017年3月現在)

エコチルでは、オールフルカラー8~20ページの紙面に環境についての特集をはじめ、各学校で取り組まれている環境教育の紹介や、地球から影響をうけるからだのはなし、ワードクイズやエコマンガ、地域のエコ活動や環境イベント情報などをふんだんに盛り込み、こどもたちが楽しく環境活動を学べるようページ構成をしています。

※エコチルは、株式会社スクルーと提携している株式会社アドバコムが発行する機関紙です。
お問い合わせ

関連