[食育特集]おうちで給食の人気レシピにチャレンジ!|コマツナポタージュ

 

足立区の小学校で人気の高い給食のレシピを紹介するよ。おうちの人といっしょに作ってみてね!

小松菜ポタージュ

材料(約4人分)

● タマネギ 1/3個 
● ジャガイモ 大1個 
● バター 小さじ1
● 牛乳 120cc 
● 水 360cc 
● 小松菜の葉 1/2束 
● 水 60cc
● 塩 適量 
● 砂糖 適量 
● こしょう 適量

作り方

①タマネギ、ジャガイモは皮をむき、適当な大きさにスライスする。
②タマネギをバターでいため、しんなりしたら、ジャガイモを加える。さらに、牛乳と水360ccを加え、塩・こしょうで味を調える。沸騰したらミキサーにかけて、ざるなどでこし、なべにもどす。
③小松菜は葉だけを取り、塩ゆでし、冷水にとる。水60ccと共にミキサーにかけ、ピューレ状にする。
④②のなべに③の小松菜ピューレを加え、塩・砂糖で味を調える。

 

独立行政法人日本スポーツ振興センター「学校給食の歴史」https://www.zenkyuren.jp/lunch/
足立区「おいしい給食レシピ集」 https://www.city.adachi.tokyo.jp/gakumu/k-kyoiku/kyoiku/kyushoku-recipe.html


大福くんについてくわしくはWEBをみてね! >>>  大福くん

※大福くんは、ソニー・ミュージックエンタテインメントと、ソニー・インタラクティブエンタテインメントジャパンアジアが展開するキャラクターです。

 

 

エコチルとは?

エコチルとは、「エコロジーチルドレン」の造語で、
「子どもたちに、もっと環境に関心をもってもらえる機会をつくろう」
「地域社会と学校、家庭をエコでつなぐプラットフォームとなろう」
という思いから、札幌版を2006年、東京版を2013年に創刊いたしました。

地域社会(学校、家庭、行政、NPO、企業)をエコでつなぎ、「地球を守るためにできること」を子どもたちと一緒に考えていく−それが「エコチル」です。

創刊:2006年4月
部数:76万部(北海道版25万部 東京版31万部 横浜版20万部
頻度:毎月1回(北海道版 毎月中旬、東京版・横浜版 毎月上旬)
体裁:B判タブロイド、フルカラー、8P〜24P
配布:北海道版 北海道内 公立小学校約1040校(配布率99%)
   東京版 東京23区公立小学校約747校(配布率90%)
   横浜版 横浜市内18区の約343校
   ※その他 児童会館や公共施設などにも設置
(2019年2月時点)

※エコチルは、株式会社スクルーと提携している株式会社アドバコムが発行する機関紙です。
お問い合わせ

関連