【横浜版】よこはま動物園ズーラシアだより 生き物ってオモシロイ!!|今月の動物:フンボルトペンギン

 

学名: Spheniscus humboldti
生息地:南アメリカ太平洋沿岸
ペンギン目 ペンギン科

親鳥は協力して子育てをし、鳴き交わしてきずなを確かめます。幼鳥が親鳥と同じ模様になるには2年以上かかります。

かわいいだけじゃないんだぜ

フンボルトペンギンは南米の太平洋沿岸を流れるペルー海流沿いに暮らしています。ペンギンは極地などの寒い所にいるイメージが強いですが、フンボルトペンギンはサボテンが生えるような乾燥した場所で暮らす温帯ペンギンの仲間です。

とてもかわいい姿をしていますが、約9,000種類いる鳥の中で、過酷な海の環境に最も適応したスーパーバードなのです。ぽっちゃり体形は、冷たい海の中でえさを追って何時間泳いでも体温が保てるよう、厚い脂肪でおおわれているため。陸上ではよちよち歩きでも、海に入れば、一瞬で魚をつかまえて頭から丸飲みしてしまいます。その姿は野生動物のたくましさにあふれています。

えさをとるときは大迫力!

ペンギンはたくさんいる?

日本では水族館や動物園に行けば気軽にペンギンに出あえるので「ペンギンはたくさんいる」と思っている人が多いかも知れません。

しかし、野生でのフンボルトペンギンは、ペンギンの中でも特に絶滅のおそれが高い種類です。生息地の減少やえさとなる魚の乱獲に加えて、近年では大雨で卵やヒナが流されたり、海水温の上昇によって魚がとれなくなったりしているからです。この記事が、人間とペンギンが仲良く暮らしていくために、私たちができることを考えるきっかけになればうれしいです。

日本は世界で一番多くのペンギンを飼育する「ペンギン大国」です

 

ズーラシアニュース

村田園長のとっておき写真展

ホッキョクグマの水中ビューで開催されるパネル展。村田園長が園内で撮影した「とっておき写真」の展示と、おすすめの撮影ポイントや動物の見どころもあわせて紹介します!入園した方なら、だれでもご覧いただけます。園長の撮影ポイントを参考に動物たちのベストショットをねらってみてください!

 


写真提供:よこはま動物園ズーラシア

よこはま動物園ズーラシア
【指定管理者 公益財団法人横浜市緑の協会】
〒241-0001
横浜市旭区上白根町1175-1
TEL 045-959-1000
http://www.hama-midorinokyokai.or.jp/zoo/zoorasia/

 

エコチルとは?

エコチルとは、「エコロジーチルドレン」の造語で、
「子どもたちに、もっと環境に関心をもってもらえる機会をつくろう」
「地域社会と学校、家庭をエコでつなぐプラットフォームとなろう」
という思いから、札幌版を2006年、東京版を2013年に創刊いたしました。

地域社会(学校、家庭、行政、NPO、企業)をエコでつなぎ、「地球を守るためにできること」を子どもたちと一緒に考えていく−それが「エコチル」です。

創刊:2006年4月
部数:76万部(北海道版25万部 東京版31万部 横浜版20万部
頻度:毎月1回(北海道版 毎月中旬、東京版・横浜版 毎月上旬)
体裁:B判タブロイド、フルカラー、8P〜24P
配布:北海道版 北海道内 公立小学校約1040校(配布率99%)
   東京版 東京23区公立小学校約747校(配布率90%)
   横浜版 横浜市内18区の約343校
   ※その他 児童会館や公共施設などにも設置
(2019年2月時点)

※エコチルは、株式会社スクルーと提携している株式会社アドバコムが発行する機関紙です。
お問い合わせ

関連