【キャリチル】聞かせて!プロフェッショナル|ゲーム作りの 中心にいる存在|クリプトン・フューチャー・メディア株式会社 大浦 洋平さん

大浦さんは「初音ミク」のゲームなどをパソコンで作っているよ

毎回、さまざまな職業で活躍中のプロフェッショナルが登場!「どんな仕事?」「どんな人が向いているの?」などインタビューするよ。今回は、どんな話が聞けるかな?

大浦 洋平さん
クリプトン・フューチャー・メディア株式会社 ゲームクリエイター[札幌市出身]

ゲーム開発を学ぶ専門学校を卒業後、ゲームを作る仕事につき、2015年入社。モバイルコンテンツチームで、初音ミクなどかわいいキャラクターが多く登場するスマートフォンゲームアプリ「初音ミク ぐらふぃコレクション〜なぞの音楽すい星」などを担当している。

 

ゲーム作りの中心にいる存在

―ゲームクリエイターとは、どんな仕事ですか。

ゲームを作る仕事です。「ユニティ」というパソコンのソフトなどを使って、スマホやパソコンのゲームを開発しています。ゲームのプログラムを作るので、プログラマーともいいます。

―仕事の魅力は何ですか。

ゲーム開発において、プログラマーは大事な職業で、絶対にいなければならない存在です。ゲーム制作の中心にいられることが魅力だと思います。電車の中などで、自分の作ったゲームで遊ぶユーザー(使う人)を見たときや、ツイッターなどのSNSでゲームが話題になったときはうれしいですね。

大浦さんが担当している「初音ミク ぐらふぃコレクション〜なぞの音楽すい星」

 

仲間を尊敬し感謝を忘れずに

―仕事で心がけていることはありますか。

ゲーム作りは、プログラマーだけでなく、デザインをする人、シナリオを書く人、イベントを設計する人などが関わり、チームで仕事をしています。なので、どうしたら周りの人が作業しやすくなるのかを考えて気配りをすることが大事。チームの仲間を尊敬し、感謝する気持ちを常に忘れないようにしています。

―プログラマーに求められるのはどんな力ですか?

「周りを見る力」です。どんなときでも、状況や周りの人の様子を見ながら判断することが必要です。また、難しいことに直面しても「何とかして解決しよう」と努力できる人が向いていると思います。

ゲームのプログラムについて、後輩にアドバイスもするよ

―小学生へのメッセージをお願いします。

「ゲームクリエイターは選ばれた人しかできない」と教えられてきましたが、ぼくは「自分で選んだ人しかなれない」と思っています。自分で選び、行動した人がなれる仕事だと思うからです。クリエイターに限らず、やりたいことがあるなら、その気持ちを口に出したり紙に書いたりしてみましょう。そこからきっと道が開けるはずです。夢は10個でも100個でも、多ければ多いほどいいと思います。たくさんの夢を持って、楽しみながら成長してください。

 


クリプトン・フューチャー・メディア株式会社

エコチルとは?

エコチルとは、「エコロジーチルドレン」の造語で、
「子どもたちに、もっと環境に関心をもってもらえる機会をつくろう」
「地域社会と学校、家庭をエコでつなぐプラットフォームとなろう」
という思いから、札幌版を2006年、東京版を2013年に創刊いたしました。

地域社会(学校、家庭、行政、NPO、企業)をエコでつなぎ、「地球を守るためにできること」を子どもたちと一緒に考えていく−それが「エコチル」です。

創刊:2006年4月
部数:76万部(北海道版25万部 東京版31万部 横浜版20万部
頻度:毎月1回(北海道版 毎月中旬、東京版・横浜版 毎月上旬)
体裁:B判タブロイド、フルカラー、8P〜24P
配布:北海道版 北海道内 公立小学校約1040校(配布率99%)
   東京版 東京23区公立小学校約747校(配布率90%)
   横浜版 横浜市内18区の約343校
   ※その他 児童会館や公共施設などにも設置
(2019年2月時点)

※エコチルは、株式会社スクルーと提携している株式会社アドバコムが発行する機関紙です。
お問い合わせ

関連