なるほど!牛乳Q&A|Q.お乳を出す牛にもいろいろな種類がいるの?

Q.お乳を出す牛にもいろいろな種類がいるの?

A.種類によってお乳の出す量や味が変わるんだよ

日本では、北海道を中心に約134万頭の乳牛が飼育されているんだ。主に3種類いて、その99%をしめるのがホルスタイン種だよ。この品種は体が大きくて乳量が多く、寒さに強く暑さに弱いのが特徴。乳脂肪率は約3.8%前後だよ。次に多いのが1万頭ほど飼育されているジャージー種。ホルスタインにくらべると乳量は少ないけれど、乳脂肪率が約5%と高いのが特徴なんだ。1,000頭ほど飼育されているブラウンスイス種は、たんぱく質の量も多いため、バターやチーズの加工にぴったり! 乳牛によってさまざまなちがいがあり、お乳の味も異なるんだよ。

ホルスタイン種

世界で最も多く飼育され、“乳牛の女王”とも呼ばれているんだ。乳を出す量が年間7,000〜10,000kgときわめて多く、一般的に飲まれている牛乳はホルスタイン種のものになるよ。性格はおだやか。

ジャージー種

他の種とくらべると、体は小さいけれど、暑さには強いほうだよ。乳量は年間4,000kgとホルスタイン種ほど多くないけれど、乳脂肪率が約5%と高く、コクがある。

ブラウンスイス種

毛色は黒褐色がかったブラウンで、鼻と口の周りが白くなっているのが特徴だよ。年間乳量は約4,800kg。乳脂肪率が約4%でたんぱく質も多いため、バターやチーズの加工に最適なんだ。

牧場から届ける「らくのうだより」絶賛放送中!
TBSで毎週日曜日 朝6:40〜6:45ごろ

 


関東生乳販売農業協同組合連合会
〒113-0034
東京都文京区湯島2-18-6 湯島夏目ビル7F
TEL. 03-5844-3061

エコチルとは?

エコチルとは、「エコロジーチルドレン」の造語で、
「子どもたちに、もっと環境に関心をもってもらえる機会をつくろう」
「地域社会と学校、家庭をエコでつなぐプラットフォームとなろう」
という思いから、札幌版を2006年、東京版を2013年に創刊いたしました。

地域社会(学校、家庭、行政、NPO、企業)をエコでつなぎ、「地球を守るためにできること」を子どもたちと一緒に考えていく−それが「エコチル」です。

創刊:2006年4月
部数:76万部(北海道版25万部 東京版31万部 横浜版20万部
頻度:毎月1回(北海道版 毎月中旬、東京版・横浜版 毎月上旬)
体裁:B判タブロイド、フルカラー、8P〜24P
配布:北海道版 北海道内 公立小学校約1040校(配布率99%)
   東京版 東京23区公立小学校約747校(配布率90%)
   横浜版 横浜市内18区の約343校
   ※その他 児童会館や公共施設などにも設置
(2019年2月時点)

※エコチルは、株式会社スクルーと提携している株式会社アドバコムが発行する機関紙です。
お問い合わせ

関連