なるほど!牛乳 Q&A!|Q.なぜ給食には牛乳がでるの?

Q.なぜ給食には牛乳がでるの?

A.成長に欠かせない栄養素がたくさん入っているからだよ

カルシウムは骨や歯を作るのに大切な栄養素。でも、日本人の食事はカルシウムが不足しがちなんだって。そんなときこそ牛乳! 牛乳はカルシウムの量が多くふくまれているだけでなく、吸収の面でも優れているんだ。

例えば、小魚は33%、野菜は19%というカルシウムの吸収率に対し、牛乳はなんと40%! さらに、牛乳には、たんぱく質、脂質、炭水化物の3大栄養素に加え、ビタミンB群やミネラルなど、豊富な栄養素がバランス良くふくまれているよ。成長に欠かせない栄養を手軽に取れる飲み物、牛乳。給食がない日も、欠かさず飲みたいね。

 


関東生乳販売農業協同組合連合会
〒113-0034
東京都文京区湯島2-18-6 湯島夏目ビル7F
TEL. 03-5844-3061

エコチルとは?

エコチルとは、「エコロジーチルドレン」の造語で、
こどもたちがもっと環境に関心をもてるように身近に考えてもらえる機会をつくろう!
地域社会と学校、家庭をエコでつなぐプラットフォームとなろう!
そんな想いからスタートしました。


ゼロからスタートしたエコチルづくりでしたが、各企業、行政、学校関係者の方々のご協力を頂き、札幌版2006年4月、東京版2013年4月に第一号を無事創刊しました。
札幌市内197校の小学校と児童会館、東京都23区760校の小学校に毎月配布させていただいております。
(2017年3月現在)

エコチルでは、オールフルカラー8~20ページの紙面に環境についての特集をはじめ、各学校で取り組まれている環境教育の紹介や、地球から影響をうけるからだのはなし、ワードクイズやエコマンガ、地域のエコ活動や環境イベント情報などをふんだんに盛り込み、こどもたちが楽しく環境活動を学べるようページ構成をしています。

※エコチルは、株式会社スクルーと提携している株式会社アドバコムが発行する機関紙です。
お問い合わせ

関連