[葛西臨海水族園だより]生き物ってオモシロイ!!|今月のどうぶつ:アツモリウオ

 

アツモリウオ
学名: Hypsagonus proboscidalis
生息地:北日本、日本海、オホーツク海など
分類:カサゴ目トクビレ科

「深海の生物 トピック水槽」で展示している生き物たち

カイメンホンヤドカリ

 

 


サラサガジ

 

小さな武将!?

アツモリウオはトクビレという魚のなかまです。変わった名前は「平家物語」に登場する、平安時代の武将「平敦盛」が由来といわれており、大きく広がった背ビレと胸ビレはなんとも迫力があります。展示している「深海の生物 トピック水槽」では、背ビレを立ててじっとしていることが多く、あまり動き回りません。しかし、じっくり観察していると胸ビレと腹ビレ、それにしりビレを器用に動かし、ジリジリとはうように移動する様子が見られます。

調査船「若鷹丸」での採集

このアツモリウオは、水族園と協力関係にある国立研究開発法人 水産研究・教育機構の調査航海で採集されました。2020年6月に行われた調査船「若鷹丸」による底曳網(トロール)調査には、水族園スタッフが同行して展示用の生き物を採集しました。8日間の調査では、海底で暮らすヤドカリやヒトデ、イソギンチャクなどの生き物が観察されました。展示しているアツモリウオは、青森県八戸沖の水深約90mと約135mの地点で網に入りました。

トピック水槽に注目

深海は、いまだ調査が行われていない海域も多く、生態が明らかになっていない生き物たちがたくさんいます。「深海の生物 トピック水槽」では、今後も水族園がおすすめする深海の生き物を紹介しますので、ぜひご期待ください。

かさいニュース

オウサマペンギンのヒナが屋外展示場に登場!

8月22日(土)にふ化したオウサマペンギンのヒナが、11月12日(木)から屋外の展示場に登場しました。初めて外に出たときは不安そうな様子でしたが、今では1羽で動き回ることも多く、両親だけでなく他の成鳥とも過ごす姿が見られます。ヒナ特有の茶色い羽や、親にエサを要求するときの鳴き声などを観察できるのは今だけ!

※天候などにより、展示を変更する場合があります。

 


写真提供:公益財団法人東京動物園協会

東京都葛西臨海水族園
東京都江戸川区臨海町6-2-3
TEL.03-3869-5152
http://www.tokyo-zoo.net/zoo/kasai/

 

エコチルとは?

エコチルとは、「エコロジーチルドレン」の造語で、
「子どもたちに、もっと環境に関心をもってもらえる機会をつくろう」
「地域社会と学校、家庭をエコでつなぐプラットフォームとなろう」
という思いから、札幌版を2006年、東京版を2013年に創刊いたしました。

地域社会(学校、家庭、行政、NPO、企業)をエコでつなぎ、「地球を守るためにできること」を子どもたちと一緒に考えていく−それが「エコチル」です。

創刊:2006年4月
部数:76万部(北海道版25万部 東京版31万部 横浜版20万部
頻度:毎月1回(北海道版 毎月中旬、東京版・横浜版 毎月上旬)
体裁:B判タブロイド、フルカラー、8P〜24P
配布:北海道版 北海道内 公立小学校約1040校(配布率99%)
   東京版 東京23区公立小学校約747校(配布率90%)
   横浜版 横浜市内18区の約343校
   ※その他 児童会館や公共施設などにも設置
(2019年2月時点)

※エコチルは、株式会社スクルーと提携している株式会社アドバコムが発行する機関紙です。
お問い合わせ

関連