日本初!自分で作れる『ペネロペ』グッズ 伊勢丹立川店にて全国5,000 会場実施のキッズイベントと コラボワークショップを9/19(土)より4 日間 限定開催!

 

全国5,000 会場でのキッズイベント実施の実績を持つ株式会社ピコトンは、9/19(土)〜9/22(火・祝)の4 日間、伊勢丹立川店の7 階にある玩具セレクトショップ「アソビスキー(ASOBISKI)」内にて、来年アニメ放送15 周年を迎えるフランス生まれの絵本キャラクター『ペネロペ』とのコラボワークショップ「ペネロペ POP UP」を開催します。

日本アニメーション株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社⾧:石川 和子)がアニメーション
制作とライセンス管理を行うフランス生まれの絵本作品『Pénélope tête en ľair(ペネロペテタンレール)』(以下ペネロペ)と、キッズイベント専門で運営14 年目を迎えた株式会社ピコトン(本社:東京都中野区、代表取締役社⾧:内木 広宣)がタッグを組んで、ペネロペの世界観を存分に楽しみながら子供の好奇心や想像力を刺激するコラボワークショップを開発しました。

その第一弾として、専用のキットでペネロペたちを自由に配置するだけで簡単におしゃれな安全グッ
ズを作れる「ペネロペ 安全キーホルダー作り」と、オリジナルタオルが作れる「ペネロペ アートタオ
ル作り」を伊勢丹 立川店で実施します。

ペネロペデザインのシールで作るリフレクターキーホルダー。車のライトなど、暗い場所で光が当たるとピカッと反射します。フラッシュを光らせて撮影しても右の写真のようにペネロペたちが楽し気に浮かび上がります。

3歳のペネロペの日常を描き、愛らしい“うっかり”を通して子供たちに大切なことを教えて成⾧を促す『ペネロペ』と、子供の好奇心や想像力を掻き立てるキッズイベントとは親和性が高く、ペネロペの絵本のポップな色彩を生かした商品デザインは、上質なワークショップや特別なペネロペグッズを求める親子へ届く知育工作になってい

特殊なインクと専用のアイロンプレス機を使用することで、イラストがきれいにタオルへ移ります。アートタオルは、オリジナルの額に入れてお渡しします。

ワークショップを実施する「ペネロペ POP UP」では、ぬいぐるみなどのペネロペグッズも販売予
定。

今後も日本アニメーション株式会社と株式会社ピコトンで、上質な『ペネロペ』のオリジナルグッズ
を自作できるコラボレーション工作の開発を進め、全国の百貨店を中心にワークショップを行う計画です。

ハサミで切って自由に配置するだけなので、3 才児でも簡単におしゃれなグッズを工作できます。
ペネロペの世界観をそのまま切り取った上質なオリジナルグッズを作れます。

 

「ペネロペ POP UP」イベントの詳細

場所
〒190-0012 東京都立川市曙町2-5-1
伊勢丹立川店 7階=ベビー子供服 「アソビスキー(ASOBISKI)」内

日程
9/19(土)〜9/22(火・祝)

ワークショップ開催時間
11:00〜17:00(16:30 に受付終了)

ワークショップ参加費
・「ペネロペ 安全キーホルダー作り」880 円(税込)
・「ペネロペ アートタオル作り」1,760 円(税込)

定員
各日 50 名ずつ

物販コーナー営業時間
10:00〜19:30

※営業時間は変更になる可能性がございます。
※混雑状況により入場制限をさせていただく場合がございます。

 

エコチルとは?

エコチルとは、「エコロジーチルドレン」の造語で、
「子どもたちに、もっと環境に関心をもってもらえる機会をつくろう」
「地域社会と学校、家庭をエコでつなぐプラットフォームとなろう」
という思いから、札幌版を2006年、東京版を2013年に創刊いたしました。

地域社会(学校、家庭、行政、NPO、企業)をエコでつなぎ、「地球を守るためにできること」を子どもたちと一緒に考えていく−それが「エコチル」です。

創刊:2006年4月
部数:76万部(北海道版25万部 東京版31万部 横浜版20万部
頻度:毎月1回(北海道版 毎月中旬、東京版・横浜版 毎月上旬)
体裁:B判タブロイド、フルカラー、8P〜24P
配布:北海道版 北海道内 公立小学校約1040校(配布率99%)
   東京版 東京23区公立小学校約747校(配布率90%)
   横浜版 横浜市内18区の約343校
   ※その他 児童会館や公共施設などにも設置
(2019年2月時点)

※エコチルは、株式会社スクルーと提携している株式会社アドバコムが発行する機関紙です。
お問い合わせ

関連