【エコチル特集】外国に比べて日本は災害が多い!?日ごろから災害に対して備えよう!

 

日本は外国に比べると災害が発生しやすいんだ。そのため、日ごろから防災対策をしっかり行いたいね。でも、どうやればいいのかな?〝もしも〟のときのための対策を見ていこう!

日本は災害の多い国!?

日本はその位置、地形、地質、気象などの自然的条件から、台風、豪雨、豪雪、洪水、土砂災害、地震、津波、火山噴火などによる災害が、外国に比べると発生しやすい国土なんだ。

日本は国土の大半が温帯に位置しているため、春から夏への季節の変わり目には梅雨前線が日本付近に停滞し、夏から秋にかけては熱帯域から台風が北上。暴風雨をもたらしたり、前線の活動が活発となって大雨を降らせたりするんだ。

さらに、日本は傾斜が急な山地やがけ地が多いため河川は急勾配で、一度大雨に見まわれると急激に河川に流れる水の量が増加し、洪水などによる災害も起こりやすいよ。加えて活火山の多さと、海洋プレートと大陸プレートの関係から地震も多いんだ。

大切なのは平時での防災対策

このように、日本ではさまざまな災害が起こるため、ふだんからの防災対策が大切になってくるよ。

例えば、大地震が発生したときには、〝家具は必ずたおれるもの〟と考え、寝室や子ども部屋にはなるべく家具を置かない、置く場合は背の低い家具にする。または、壁にがっちり固定するなど、それぞれの家庭に合った方法で対策をしてみてね。

他にも、ハザードマップの確認、家族の安否情報の確認方法、非常用持ち出し袋・備蓄品の準備など、できることはたくさんあるよ。

いつもの日常が続くと、忘れがちになる防災対策。まずは、いつか災害が起きることを意識し、できるところから始めてみよう!

もしものときに備えて“非常用持ち出し袋”をチェックしておこう!

災害が発生し、自宅が危険な場合は、避難所など安全な場所に避難することが重要だよ。また、場合によっては、そこで避難生活を送ることになるよ。避難所生活に必要な物(非常用持ち出し品)をあらかじめリュックサックにつめておき、いつでもすぐに持ち出せるようにしておこうね。

非常用持ち出し袋(避難の際に持ち出す物)一例

  • 食品(アルファ米などのご飯、レトルト食品、ビスケット、チョコレート、乾パンなど、最低3日分の用意)
  • 防災用ヘルメット・防災ずきん
  • 衣類・下着
  • レインウェア
  • ひもなしのズックぐつ
  • 懐中電灯(※手動充電式が便利)
  • 携帯ラジオ(※手動充電式が便利)
  • 予備電池・携帯充電器
  • マッチ・ろうそく
  • 救急用品(ばんそうこう、包帯、消毒液、常備薬など)
  • 使い捨てカイロ
  • ブランケット
  • 軍手
  • 洗面用具
  • 歯ブラシ・歯みがきこ
  • タオル
  • ペン・ノート
  • マスク
  • 手指消毒用アルコール
  • 石けん・ハンドソープ
  • ウェットティッシュ
  • 体温計
  • 貴重品(通帳、現金、パスポート、運転免許証、病院の診察券、マイナンバーカードなど)
小さい子どもがいる家庭はこんな物もプラスしよう!
  • ミルク(キューブタイプ)
  • 使い捨て哺乳びん
  • 離乳食
  • 携帯カトラリー
  • 子ども用紙おむつおしりふき
  • 携帯用おしり洗浄機
  • ネックライト
  • 抱っこひも
  • 子どものくつ

 

非常用持ち出し袋の中身は、こちらも参考にしてね!

内閣官房内閣広報室 >>> 『災害の「備え」チェックリスト

総務省消防省 >>> 『非常用持ち出しチェックシート』

 

地震が起こった!こんなとき、どうすればいい?

いつ、どこで地震にあうかは、だれにも分からないよ。そこで、場所別の身の守り方を紹介していくよ。しっかり覚えておこう!

屋内にいるとき

  •  頭を保護しながら大きな家具からはなれ、じょうぶな机の下などにかくれる。
  •  あわてて外に飛び出さない。
  •  窓ガラスや食器がゆかに散らばっている可能性があるため、ケガをしないようにスリッパやくつをはいて足を守る。

■エレベーターに乗っているとき

  • 全部の階のボタンをおして、止まった階で降りる。
  • エレベーターは地震になると緊急停止するため、降りられなかったら、インターホンで外部に連絡する。

屋外にいるとき

  • ブロック塀や電信柱、自動販売機はくずれたり、たおれたりすることがあるため、これらのそばからはなれる。
  • ビルのかべ、看板や割れた窓ガラスなどが落ちてくるかもしれないので、なるべく建物からはなれる。
  • カバンや上着で頭を守りながら、公園や空き地などの安全な場所に避難する。
  • 駅周辺など大混雑している場所では、人が将棋倒しになる集団転倒が起きやすくなるため、駅周辺には近付かないようにする。
  • ものの落下や火災など、家までの道のりで数多くの危険が予想されるため、安全な場所からはむやみに移動しない。

鉄道やバスに乗っているとき

  • 手すりやつり革にしっかりつかまる。

山や海にいるとき

  • 落石やがけくずれに注意し、できるだけその場からはなれる。
  • 海の近くでは、なるべく高い場所や建物に避難をする。

ゆれがおさまっても、余震や火災、津波といった二次災害に注意しよう!

災害が 起こる前 に決めておこう

 1  避難場所や避難経路を確認しておく

自分が暮らしている自治体のHPなどから防災マップやハザードマップを入手し、避難場所、避難経路を事前に確認しておこう。家族で防災マップを作ったり、避難経路を歩いてみたりしよう!

 2  安否確認の方法を決めておく

災害時には、携帯電話の回線がつながりにくくなり、連絡がとれない場合あるよ。そんなときは「災害用伝言ダイヤル」を利用してね。また、公衆電話は災害時に他の電話よりもつながりやすくなるから、家の近くやよく行く所などにある公衆電話の使い方もマスターしておこう!

災害用伝言ダイヤル

局番なしの「171」に電話をかけると伝言を録音でき、自分の電話番号を知っている家族などが、伝言を再生できるよ。

 録 音  171+1+自分の家の電話番号など
 再 生    171+2+自分の家の電話番号など

「あの人いない(171)」でおぼえよう!

 


[参考]
内閣官房内閣広報室「防災の手引き」https://www.kantei.go.jp/jp/headline/bousai/index.html

政府広報オンライン「災害時に命を守る一人一人の防災対策」https://www.gov-online.go.jp/useful/article/201108/6.html

 

エコチルとは?

エコチルとは、「エコロジーチルドレン」の造語で、
「子どもたちに、もっと環境に関心をもってもらえる機会をつくろう」
「地域社会と学校、家庭をエコでつなぐプラットフォームとなろう」
という思いから、札幌版を2006年、東京版を2013年に創刊いたしました。

地域社会(学校、家庭、行政、NPO、企業)をエコでつなぎ、「地球を守るためにできること」を子どもたちと一緒に考えていく−それが「エコチル」です。

創刊:2006年4月
部数:76万部(北海道版25万部 東京版31万部 横浜版20万部
頻度:毎月1回(北海道版 毎月中旬、東京版・横浜版 毎月上旬)
体裁:B判タブロイド、フルカラー、8P〜24P
配布:北海道版 北海道内 公立小学校約1040校(配布率99%)
   東京版 東京23区公立小学校約747校(配布率90%)
   横浜版 横浜市内18区の約343校
   ※その他 児童会館や公共施設などにも設置
(2019年2月時点)

※エコチルは、株式会社スクルーと提携している株式会社アドバコムが発行する機関紙です。
お問い合わせ

関連