【食育特集】北海道のお米を食べよう

 

みんなは、北海道でたくさんのお米が作られていることを知っているかな? 北海道の米作りについて、くわしく見てみよう。

北海道はお米の生産地

耕地面積が全国で一番大きい北海道は、広大な土地を活かした、全国有数のお米の産地。令和2年農林水産省の統計で、令和元年産の北海道のお米(※うるち米)の生産は、作付面積10万2,300ha、収穫量59万4,400tで、全国第2 位なんだ。特に、空知と上川では、その内の43・9万t(約74%)が作られているよ。  

北海道は、本州に比べて気温が低いよね。米作りに適した気候とはいえず、以前は冷害の苦労が絶えなかったんだ。でも、たくさんの人の努力と工夫により、北海道ならではの米作りが誕生し、日本がほこる米所となったんだよ。今では用途に合わせて、うるち米17品種ともち米4品種を作っているよ。

※うるち米…みんなが普段食べているお米のこと

 

北海道米ができるまで

道民が食べるお米の量の中に、道産米がしめる割合のことを「道内食率」というよ。目標は85%とされ、北海道農政部調べでは、令和2年度は88%で、目標を9年連続で上回っているんだ。 

みんなのおうちでは道産米を食べているかな?それでは、どのようにお米が作られているかを図1で見てみよう。

図1 北海道米ができるまで

 

 

[参考資料]
北海道農政部「北海道の水田農業」
農林水産省「お米で日本を元気に!〜お米・米粉の魅力〜」


 

大福くんについてくわしくはWEBをみてね! >>>  大福くん

※大福くんは、ソニー・ミュージックエンタテインメントと、ソニー・インタラクティブエンタテインメントジャパンアジアが展開するキャラクターです。

 

エコチルとは?

エコチルとは、「エコロジーチルドレン」の造語で、
「子どもたちに、もっと環境に関心をもってもらえる機会をつくろう」
「地域社会と学校、家庭をエコでつなぐプラットフォームとなろう」
という思いから、札幌版を2006年、東京版を2013年に創刊いたしました。

地域社会(学校、家庭、行政、NPO、企業)をエコでつなぎ、「地球を守るためにできること」を子どもたちと一緒に考えていく−それが「エコチル」です。

創刊:2006年4月
部数:76万部(北海道版25万部 東京版31万部 横浜版20万部
頻度:毎月1回(北海道版 毎月中旬、東京版・横浜版 毎月上旬)
体裁:B判タブロイド、フルカラー、8P〜24P
配布:北海道版 北海道内 公立小学校約1040校(配布率99%)
   東京版 東京23区公立小学校約747校(配布率90%)
   横浜版 横浜市内18区の約343校
   ※その他 児童会館や公共施設などにも設置
(2019年2月時点)

※エコチルは、株式会社スクルーと提携している株式会社アドバコムが発行する機関紙です。
お問い合わせ

関連