[横浜版]【開催報告】みなとみらい本町小学校の児童がSDGsの花をさかせました!

 

リゾートトラスト株式会社運営の「ザ・カハラ・ホテル&リゾート 横浜」では、公園愛護会やみなとみらい本町小学校との連携により、みなとみらい21地区の高島中央公園の花壇へ花苗を植える取り組みを始めました。

みなとみらい本町小学校では、4年生がこの取り組みに参加し、今年の1月から花栽培キットで種から花苗を育てました。3月には公園愛護会の指導のもと、公園の花壇に育てた花苗を植えました。今後の花壇の手入れは、ホテルと公園愛護会が協力しながら行っていきます。

この取り組みは、「ガーデンネックレス横浜2021」 の公募イベントでもあります。また、石灰石を主原料としたプラスチック代替素材(ライメックス)の鉢を使用し、小学校における持続可能な開発のための教育(ESD)の実践にも位置付けられた、SDGsの取り組みともなっています。

 


お問い合わせ:横浜市環境創造局公園緑地部公園緑地管理課

エコチルとは?

エコチルとは、「エコロジーチルドレン」の造語で、
「子どもたちに、もっと環境に関心をもってもらえる機会をつくろう」
「地域社会と学校、家庭をエコでつなぐプラットフォームとなろう」
という思いから、札幌版を2006年、東京版を2013年に創刊いたしました。

地域社会(学校、家庭、行政、NPO、企業)をエコでつなぎ、「地球を守るためにできること」を子どもたちと一緒に考えていく−それが「エコチル」です。

創刊:2006年4月
部数:76万部(北海道版25万部 東京版31万部 横浜版20万部
頻度:毎月1回(北海道版 毎月中旬、東京版・横浜版 毎月上旬)
体裁:B判タブロイド、フルカラー、8P〜24P
配布:北海道版 北海道内 公立小学校約1040校(配布率99%)
   東京版 東京23区公立小学校約747校(配布率90%)
   横浜版 横浜市内18区の約343校
   ※その他 児童会館や公共施設などにも設置
(2019年2月時点)

※エコチルは、株式会社スクルーと提携している株式会社アドバコムが発行する機関紙です。
お問い合わせ

関連