【エコなひと】世界の平和を願う鷹の爪団のキャラクターたちがODAへの理解を広め、途上国援助の大切さを説く|株式会社ディー・エル・イー FROGMAN さん

今回、お話をうかがったのは、株式会社ディー・エル・イーのFROGMANさんです。代表作の1つ、『秘密結社 鷹の爪』についてを中心に、いろいろなことを話してくれました。

 

今月のテーマ:『秘密結社 鷹の爪』とODAがコラボし幸せに生きられる世界を実現させる

世界の平和を願う鷹の爪団のキャラクターたちがODAへの理解を広め、途上国援助の大切さを説く

株式会社ディー・エル・イー  FROGMAN さん

1971年東京生まれ。実写の映画・ドラマのスタッフを経てアニメ作家に。監督、脚本、作画、声優を1人でこなすスタイルで話題を呼び、ジャンルを問わず活動を続けている。代表作は『秘密結社 鷹の爪』、『古墳ギャルのコフィー』、『電脳戦士 土管くん』など。

 

鷹の爪団が世界征服をしたい理由とは?

テレビ番組や映画の監督、広告の企画制作、ラジオのパーソナリティー、声優など、多彩な活動をするFROGMANさん。代表作の1つ、『秘密結社 鷹の爪』がODA(政府開発援助)とコラボレーションします。

「一見、鷹の爪団はODAにそぐわないように思われがちですが、実は、鷹の爪団が世界征服を目論む理由は、〝だれもが幸せに生きられる世界を実現する”ため。そこが同じなのだと思います。また、海洋プラスチック問題や地球温暖化など、世界規模で取り組まなくてはならない課題に対して、みんなと意識を共有するには、鷹の爪団のようなキャラがふさわしいのでしょう」と、FROGMANさんは話します。

グローバルフェスタ(8ページを見てね)でODAマンに会おう!

 

だれもが幸せに暮らせる世界を実現させよう

7人兄弟の末っ子であるFROGMANさんは、昔からリユース・リサイクルは当たり前。最近ではプラスチック製品の使用をひかえているそうです。

「だれかが貧乏くじを引いて、だれかだけ得をする世界は、きっといつか壊れてしまいます。そうならないよう、生活のスタイルを少し変えてみましょう。プラスチック製品をひかえる、電気を大切に使うなど、どうすればみんなが仲良く幸せに暮らせるのか、毎日の生活の中で意識することが大切です!」

エコチルとは?

エコチルとは、「エコロジーチルドレン」の造語で、
「子どもたちに、もっと環境に関心をもってもらえる機会をつくろう」
「地域社会と学校、家庭をエコでつなぐプラットフォームとなろう」
という思いから、札幌版を2006年、東京版を2013年に創刊いたしました。

地域社会(学校、家庭、行政、NPO、企業)をエコでつなぎ、「地球を守るためにできること」を子どもたちと一緒に考えていく−それが「エコチル」です。

創刊:2006年4月
部数:76万部(北海道版25万部 東京版31万部 横浜版20万部
頻度:毎月1回(北海道版 毎月中旬、東京版・横浜版 毎月上旬)
体裁:B判タブロイド、フルカラー、8P〜24P
配布:北海道版 北海道内 公立小学校約1040校(配布率99%)
   東京版 東京23区公立小学校約747校(配布率90%)
   横浜版 横浜市内18区の約343校
   ※その他 児童会館や公共施設などにも設置
(2019年2月時点)

※エコチルは、株式会社スクルーと提携している株式会社アドバコムが発行する機関紙です。
お問い合わせ

関連