電気を消して 自分の目で 冬の星空を観察しよう

冬は明るい一等星が多く、空気もすみきっているから、一年のうちで星空が一番きれいに見える季節なんだ。外はちょっと寒いかもしれないけれど、家のあかりを消し、暖かくして空を見上げてみよう。

星はどこまで広がっているだろう?

そして、せっかくなら、その星空の様子を観察し、記録に残してみたら、もっと思い出に残るはず!

 

“冬の星空観察会”詳細

観察期間
1月6日(土)〜1月15日(月) ※この期間に各自で1日以上観察

観察時間
日没後1時間半以降

観察方法
肉眼による観察

観察内容
①天の川の観察
天の川シートを用いて、高度の異なる天の川の3部分(冬の大三角付近)を観察するよ。

※天の川シートは下記のURLからダウンロードしてね
http://www.env.go.jp/press/files/jp/107716.pdf

 

②GLOBE AT NIGHTへの参加によるオリオン座周辺の星の観察
国際ダークスカイ協会(IDA)が2006年から行なっている、夜空の明るさ世界同時観察キャンペーン“GLOBE AT NIGHT”に参加し、星空の観察をするよ。

夜空を見上げ、その見え方が観察シートにある8つの星図のどれに一番近いかを観察。

その観察結果を、IDAのウェブサイト(http://idatokyo.org/gan/)に報告すれば、世界中にデータが共有され、世界のどこで星座がはっきり見えるか、明らかになるんだ。

※GLOBE AT NIGHT観察シートは下記のURLからダウンロードしてね
http://www.env.go.jp/press/files/jp/107734.pdf

参加方法
事前の参加申込の必要なし

 

人、まち、地球のために“光害”を考えよう!

みんなは光害を知っているかな?

光害とは、強すぎる光や、不要な光によって起こる影響のことをいうんだ。

例えば、光が上方向にもれてしまうと、夜空の明るさが増して星が見えにくくなってしまう。また、強すぎる光は、植物の発育や野生生物の行動に影響を与えることも。そして、もちろん不必要な光はエネルギーのムダ!

人やまち、地球のために、自分の周りの光に気を配りたいね。

 

ねむれない 明るすぎる 生態に異変 星が見えない 作物に影響 まぶしい

たとえば、これらが光害(ひかりがい)

 


<問い合わせ先>
環境省
TEL 03-3581-3351(代表)
http://www.env.go.jp/press/104906.html

エコチルとは?

エコチルとは、「エコロジーチルドレン」の造語で、
こどもたちがもっと環境に関心をもてるように身近に考えてもらえる機会をつくろう!
地域社会と学校、家庭をエコでつなぐプラットフォームとなろう!
そんな想いからスタートしました。


ゼロからスタートしたエコチルづくりでしたが、各企業、行政、学校関係者の方々のご協力を頂き、札幌版2006年4月、東京版2013年4月に第一号を無事創刊しました。
札幌市内197校の小学校と児童会館、東京都23区760校の小学校に毎月配布させていただいております。
(2017年3月現在)

エコチルでは、オールフルカラー8~20ページの紙面に環境についての特集をはじめ、各学校で取り組まれている環境教育の紹介や、地球から影響をうけるからだのはなし、ワードクイズやエコマンガ、地域のエコ活動や環境イベント情報などをふんだんに盛り込み、こどもたちが楽しく環境活動を学べるようページ構成をしています。

※エコチルは、株式会社スクルーと提携している株式会社アドバコムが発行する機関紙です。
お問い合わせ

関連