【開催報告】東芝未来科学館主催 東芝鉄道物語inかわさき

川崎の東芝未来科学館にて2018年の8月11日(土・祝)から8月15日(水)まで、鉄道をテーマにした夏休み特別イベントが行われました。

まずは、工作しながら電車について学べる“走る!フリクション電車”。摩擦で走るフリクション機構搭載で、作った後は走らせて遊べます。夏休みの自由研究にもピッタリなワークシートも配られました。

次に、“エコ機関車に乗ろう!”では、自転車型発電装置をこいで、その力で機関車を動かします。親子で参加して、楽しくエコ体験。たくさんの笑顔が生まれていました。

また、人気の鉄道模型を実際に操作して走らせることができる“鉄道模型を運転しよう”の他、たくさんの鉄道展示やプロジェクションマッピングを用いた鉄道ぬり絵など、楽しい鉄道イベントが満載でした。

東芝未来科学館はJR川崎駅西口より徒歩1分。入館無料で楽しく科学にふれられます。ぜひご家族やお友達といっしょにお越しください。

 


東芝未来科学館
TEL 044-549-2200
http://toshiba-mirai-kagakukan.jp/

 

エコチルとは?

エコチルとは、「エコロジーチルドレン」の造語で、
「子どもたちに、もっと環境に関心をもってもらえる機会をつくろう」
「地域社会と学校、家庭をエコでつなぐプラットフォームとなろう」
という思いから、札幌版を2006年、東京版を2013年に創刊いたしました。

地域社会(学校、家庭、行政、NPO、企業)をエコでつなぎ、「地球を守るためにできること」を子どもたちと一緒に考えていく−それが「エコチル」です。

創刊:2006年4月
部数:76万部(北海道版25万部 東京版31万部 横浜版20万部
頻度:毎月1回(北海道版 毎月中旬、東京版・横浜版 毎月上旬)
体裁:B判タブロイド、フルカラー、8P〜24P
配布:北海道版 北海道内 公立小学校約1040校(配布率99%)
   東京版 東京23区公立小学校約747校(配布率90%)
   横浜版 横浜市内18区の約343校
   ※その他 児童会館や公共施設などにも設置
(2019年2月時点)

※エコチルは、株式会社スクルーと提携している株式会社アドバコムが発行する機関紙です。
お問い合わせ

関連