【初心者でもできる!自宅で体験!】青みかんdeポン酢を作ろう!

 

有数のみかん産地である神奈川県足柄上郡大井町から発信、「青みかんdeポン酢づくり体験」

これまではその商品価値の低さから活用されていなかった、摘果した青みかんを美味しく、楽しく、 いただこう!という趣旨のもとで「青みかんdeポン酢づくり体験」を実施するようになりました。

昨年大盛況だった「自宅で体験」できるコースが今年も実施されます!
加工体験に必要な材料の入った「体験セット」が直接配送されるので、青みかんの酸味がきいた   ポン酢作りをご自宅で楽しむことができますよ。

ポン酢づくりに使用する以外にも、いろいろなレシピで楽しんでいただくことができます。
こんな活用方法を考えたよ!という方は、SNS上で「#(ハッシュダグ)」をつけて投稿して    みましょう!

清涼感たっぷりでこの夏にピッタリ!摘果した青みかんを美味しく、楽しく、いただきましょう!

※現地で体験:Aコースについては定員に達したため締め切り

 

お届け期間:2021年8月上旬より順次発送
参加費:3,500円(送料、青みかん、調味料、ボトル容器、ポン酢づくりレシピ付き)

お申込はこちらから

お問合せ先:一般社団法人 神奈川大井の里体験観光協会
TEL:0465-43-6309
E-mail:office@taikenkankou.com
HP:http://www.taikenkankou.com

エコチルとは?

エコチルとは、「エコロジーチルドレン」の造語で、
「子どもたちに、もっと環境に関心をもってもらえる機会をつくろう」
「地域社会と学校、家庭をエコでつなぐプラットフォームとなろう」
という思いから、札幌版を2006年、東京版を2013年に創刊いたしました。

地域社会(学校、家庭、行政、NPO、企業)をエコでつなぎ、「地球を守るためにできること」を子どもたちと一緒に考えていく−それが「エコチル」です。

創刊:2006年4月
部数:76万部(北海道版25万部 東京版31万部 横浜版20万部
頻度:毎月1回(北海道版 毎月中旬、東京版・横浜版 毎月上旬)
体裁:B判タブロイド、フルカラー、8P〜24P
配布:北海道版 北海道内 公立小学校約1040校(配布率99%)
   東京版 東京23区公立小学校約747校(配布率90%)
   横浜版 横浜市内18区の約343校
   ※その他 児童会館や公共施設などにも設置
(2019年2月時点)

※エコチルは、株式会社スクルーと提携している株式会社アドバコムが発行する機関紙です。
お問い合わせ

関連