金沢動物園だより 生き物ってオモシロイ!!【今月のどうぶつ】コアラ

学名: Phascolarctos cinereus
生息地:オーストラリア東部
双前歯目コアラ科

1日のほとんどを樹上で過ごす。

コアラはユーカリの森林にすみ、1日のほとんどを木の上で過ごします。木をしっかりとつかむため、するどいつめを持っています。

 

よくねむるのには訳があるのです

「いっつもねてる!」そんなイメージが強いコアラですが、それもそのはず。1日のうち18〜20時間は睡眠時間なのです。コアラはユーカリの新芽や葉を食べて暮らしています。ユーカリの葉には、動物や昆虫に食べられないように有毒な成分がふくまれているため、コアラたちは長い盲腸を使って解毒し、ゆっくり消化するために、たっぷり睡眠をとらなければならないのです。また、ユーカリの葉から得られる栄養分はとても少なく、毒素を分解するのにもエネルギーを使うため、できるだけ動かずカロリーを消費するのも防いでいるんです。

あくびしちゃった

そんなコアラですが、実は夕暮れ、夜中から明け方などは、活発に動いています。動物園でもコアラの様子を毎日録画してチェックしているのですが、木から木へ飛び移ったり、地面を歩いたり普段の様子からは想像もつかないような姿を見せます。

 

日中でも起きていることが・・・

開園時間中でも、13時30分からの「コアラのランチタイム」ではユーカリを交換するタイミングで、コアラがソワソワ動いたり、新しいユーカリの葉をおいしそうに食べたりする姿を見ることができます(たまに、コアラのねむ気が勝って、そのままねている場合もありますが…)。

地面に下りることもあります

横浜でコアラを見ることができるのは金沢動物園だけです。ぜひ起きているコアラを観察してみてください。普段気が付かないコアラの魅力を発見できるかもしれませんよ。

 

かなざわニュース

ズーレンジャーカードラリー開催

金沢動物園では、環境月間の取組みの一環として、6月の毎週土・日曜日に、野生動物の現状を楽しく学ぶ「ズーレンジャーカードラリー」を開催します。

動物ガイドに参加すると、オリジナルキャラクターのカードをプレゼント!全6種類のカードを集めた方には、ズーレンジャー証明書を差し上げます。

 


写真提供:金沢動物園

金沢動物園【指定管理者 公益財団法人横浜市緑の協会】
〒236-0042
横浜市金沢区釜利谷東5-15-1
TEL 045-783-9100
http://www.hama-midorinokyokai.or.jp/zoo/kanazawa/

エコチルとは?

エコチルとは、「エコロジーチルドレン」の造語で、
「子どもたちに、もっと環境に関心をもってもらえる機会をつくろう」
「地域社会と学校、家庭をエコでつなぐプラットフォームとなろう」
という思いから、札幌版を2006年、東京版を2013年に創刊いたしました。

地域社会(学校、家庭、行政、NPO、企業)をエコでつなぎ、「地球を守るためにできること」を子どもたちと一緒に考えていく−それが「エコチル」です。

創刊:2006年4月
部数:76万部(北海道版25万部 東京版31万部 横浜版20万部
頻度:毎月1回(北海道版 毎月中旬、東京版・横浜版 毎月上旬)
体裁:B判タブロイド、フルカラー、8P〜24P
配布:北海道版 北海道内 公立小学校約1040校(配布率99%)
   東京版 東京23区公立小学校約747校(配布率90%)
   横浜版 横浜市内18区の約343校
   ※その他 児童会館や公共施設などにも設置
(2019年2月時点)

※エコチルは、株式会社スクルーと提携している株式会社アドバコムが発行する機関紙です。
お問い合わせ

関連