なるほど!牛乳Q&A|Q.骨の成長のために何をすればいい?

Q.骨の成長のために何をすればいい?

A.骨貯金をすれば、じょうぶで健康な骨になるよ!

骨が特に成長する時期は、女性が11〜15才、男性が13〜17才といわれているよ。右図を見ると、20代で骨量が最大になり、それ以降は加齢とともに減少しているね。つまり、10代のうちにしっかりと“骨貯金”をしておくことが、じょうぶな骨を作ることになるんだ。そのため欠かせない栄養素がカルシウム。カルシウムを多くふくむ食品のうち、吸収率の点で最も効率が良いのはやはり牛乳・乳製品! また、骨を強くするには運動も必要だよ。たくさん遊んで、のどがかわいたら牛乳をゴクリ。春休みで給食がない日も、学校を卒業した後も、牛乳を忘れずに飲んで、骨貯金をコツコツ続けていこうね。

牧場から届ける「らくのうだより」絶賛放送中!
TBSで毎週日曜日 朝6:40〜6:45ごろ

 


関東生乳販売農業協同組合連合会
〒113-0034
東京都文京区湯島2-18-6 湯島夏目ビル7F
TEL. 03-5844-3061

エコチルとは?

エコチルとは、「エコロジーチルドレン」の造語で、
「子どもたちに、もっと環境に関心をもってもらえる機会をつくろう」
「地域社会と学校、家庭をエコでつなぐプラットフォームとなろう」
という思いから、札幌版を2006年、東京版を2013年に創刊いたしました。

地域社会(学校、家庭、行政、NPO、企業)をエコでつなぎ、「地球を守るためにできること」を子どもたちと一緒に考えていく−それが「エコチル」です。

創刊:2006年4月
部数:76万部(北海道版25万部 東京版31万部 横浜版20万部
頻度:毎月1回(北海道版 毎月中旬、東京版・横浜版 毎月上旬)
体裁:B判タブロイド、フルカラー、8P〜24P
配布:北海道版 北海道内 公立小学校約1040校(配布率99%)
   東京版 東京23区公立小学校約747校(配布率90%)
   横浜版 横浜市内18区の約343校
   ※その他 児童会館や公共施設などにも設置
(2019年2月時点)

※エコチルは、株式会社スクルーと提携している株式会社アドバコムが発行する機関紙です。
お問い合わせ

関連