【夏休み スペシャル 企画】自由研究を楽しんじゃおう|【実験・ 観察する】10円玉をピカピカにしよう!

今年の夏休みはどんな自由研究をするかもう決めたかな?「テーマが決まらない…」「どうやって進めたらいいか分からない…」となやんでいるキミに、進め方のコツなどを紹介するよ!

 

【実験・ 観察する】10円玉をピカピカにしよう!

新品の10円玉のように、きれいにピカピカにするにはどうしたらいいかな? いろいろな液体を付けてこすってみよう。

レポートのまとめ方

●テーマ/10円玉をピカピカにする方法

●目的/付ける液体によって、どのように変化するか調べる

●準備したもの/よごれた10円玉 数枚 ・綿棒・調味料などの液体

●方法
 ❶同じくらいよごれている10円玉を集める。
 ❷調味料やジュース、洗剤などの液体を用意して、綿棒に
  付け、10円玉の半分をこする。
 ❸それぞれの10円玉の変化を調べて、表などにまとめる。

●予想/「どの液体が一番きれいになるか」「どの液体が付けても変わらないか」など実験前に予想したことを書こう。

●結果/研究結果を表などにまとめ、気付いたこと、感想、反省点などを書こう。

エコチルとは?

エコチルとは、「エコロジーチルドレン」の造語で、
「子どもたちに、もっと環境に関心をもってもらえる機会をつくろう」
「地域社会と学校、家庭をエコでつなぐプラットフォームとなろう」
という思いから、札幌版を2006年、東京版を2013年に創刊いたしました。

地域社会(学校、家庭、行政、NPO、企業)をエコでつなぎ、「地球を守るためにできること」を子どもたちと一緒に考えていく−それが「エコチル」です。

創刊:2006年4月
部数:76万部(北海道版25万部 東京版31万部 横浜版20万部
頻度:毎月1回(北海道版 毎月中旬、東京版・横浜版 毎月上旬)
体裁:B判タブロイド、フルカラー、8P〜24P
配布:北海道版 北海道内 公立小学校約1040校(配布率99%)
   東京版 東京23区公立小学校約747校(配布率90%)
   横浜版 横浜市内18区の約343校
   ※その他 児童会館や公共施設などにも設置
(2019年2月時点)

※エコチルは、株式会社スクルーと提携している株式会社アドバコムが発行する機関紙です。
お問い合わせ

関連