【横浜版】抽選でプレゼントがあたる!エコワードパズル【9月号】

※写真はイメージです。一部花材・花器等が異なる場合があります。

クロスワードを解いて、アルファベットの順に並べると、何という言葉になるかな?

問題の答えを応募して、プレゼントをもらおう!

正解者の中から抽選で、6名様に『ピンクバラのマスコット付きバスケット(パンダ)』があたるよ!

タテのカギ

①「9月23日は〇〇〇〇〇の日。」
② 一、十、百、千の次は?
③水などを容器に移し入れること。「バケツに水を〇〇」。
④雨・雪・日光などが当たらないように、広げて頭の上に差す物。
⑤何か事が起こりそうだと前もって感じること。「いやな〇〇〇がする」。
⑥後悔すること。「〇〇のないように全力をつくす」。
⑦周囲が水で囲まれている陸地。

ヨコのカギ

①何かを食べたいと思う欲望。「〇〇〇〇〇の秋」。
⑧向き合っていること。「駅の〇〇〇の店」。
⑨顔が長く、たてがみがあり、長い毛のしっぽがある動物。へびとひつじの間の干支。
⑩学問・芸術・道徳など人間が精神によってつくりだしたもの。「11月3日は〇〇〇の日」。
⑪形も色も刀ににている秋の味覚を代表する魚は?漢字で秋刀魚と書くよ。

 

締め切り:2019年9月25日(水)

 

横浜版・応募はこちらから

当選は賞品の発送をもって代えさせていただきます。

 

賞品提供:花キューピット 

※写真はイメージです。一部花材・花器等が異なる場合があります。


エコチルとは?

エコチルとは、「エコロジーチルドレン」の造語で、
「子どもたちに、もっと環境に関心をもってもらえる機会をつくろう」
「地域社会と学校、家庭をエコでつなぐプラットフォームとなろう」
という思いから、札幌版を2006年、東京版を2013年に創刊いたしました。

地域社会(学校、家庭、行政、NPO、企業)をエコでつなぎ、「地球を守るためにできること」を子どもたちと一緒に考えていく−それが「エコチル」です。

創刊:2006年4月
部数:76万部(北海道版25万部 東京版31万部 横浜版20万部
頻度:毎月1回(北海道版 毎月中旬、東京版・横浜版 毎月上旬)
体裁:B判タブロイド、フルカラー、8P〜24P
配布:北海道版 北海道内 公立小学校約1040校(配布率99%)
   東京版 東京23区公立小学校約747校(配布率90%)
   横浜版 横浜市内18区の約343校
   ※その他 児童会館や公共施設などにも設置
(2019年2月時点)

※エコチルは、株式会社スクルーと提携している株式会社アドバコムが発行する機関紙です。
お問い合わせ

関連