見て、ふれて、遊べる!楽しさ満載の 〝さっぽろ雪まつり〟へ行こう!

寒さは厳しいけれど、体を動かすアクティビティあり、温かい名物料理あり、感動の雪像ありと、体も心もぽかぽかになる〝さっぽろ雪まつり〟。その見どころを紹介していくよ。

地元の中・高校生の行動が雪まつりのきっかけに

1950年に地元の中・高校生が大通公園に6つの雪像を設置したことをきっかけに始まった〝さっぽろ雪まつり〟。1955年には自衛隊が初参加、第10回開催の1959年には雪像制作に自衛隊員2,500人が動員され、新聞やテレビで大々的に紹介されたことで日本全国に知れ渡り、さっぽろ雪まつりは日本の冬を代表する雪まつりとなったんだ。

メイン会場となる大通会場では、大雪像や屋外スケートリンク、ステージイベントなどが開催され、すすきの会場には氷像が集結。この2つの会場は歩くこともできるけれど、ちょっと距離があるので、地下鉄での移動が便利だよ。

第二会場のつどーむは、チューブスライダーや氷のすべり台、エコフィールスノーラフトなど、雪と氷を使ったアクティビティが満載! 公共交通機関や臨時のシャトルバスなどを使って移動し、体力を温存してたっぷり遊んでね。

最高の冬が札幌で待っているよ!

さっぽろ雪まつりへは、こんな服装で出かけよう!

大通会場・すすきの会場

厚手のコートやダウンジャケット、防寒用のぼうし、マフラー、手袋は必須だよ。また、路面がすべりやすいため、すべりにくいくつを選んでね。

つどーむ会場

体験型アクティビティが多いので、スキーウエアやスノーボードウエアなど、動きやすく防寒性に優れた服装がおすすめだよ。ぼうしや手袋も忘れずに!

エコチルとは?

エコチルとは、「エコロジーチルドレン」の造語で、
「子どもたちに、もっと環境に関心をもってもらえる機会をつくろう」
「地域社会と学校、家庭をエコでつなぐプラットフォームとなろう」
という思いから、札幌版を2006年、東京版を2013年に創刊いたしました。

地域社会(学校、家庭、行政、NPO、企業)をエコでつなぎ、「地球を守るためにできること」を子どもたちと一緒に考えていく−それが「エコチル」です。

創刊:2006年4月
部数:76万部(北海道版25万部 東京版31万部 横浜版20万部
頻度:毎月1回(北海道版 毎月中旬、東京版・横浜版 毎月上旬)
体裁:B判タブロイド、フルカラー、8P〜24P
配布:北海道版 北海道内 公立小学校約1040校(配布率99%)
   東京版 東京23区公立小学校約747校(配布率90%)
   横浜版 横浜市内18区の約343校
   ※その他 児童会館や公共施設などにも設置
(2019年2月時点)

※エコチルは、株式会社スクルーと提携している株式会社アドバコムが発行する機関紙です。
お問い合わせ

関連