【野毛山動物園だより】生き物ってオモシロイ!!|今月のどうぶつ:ヨウスコウワニ

 

ヨウスコウワニ
学名:Alligator sinensis
生息地:中国東部の揚子江下流域
ワニ目 アリゲーター科

〜野毛山動物園で見られるワニの仲間〜

ニシアフリカコガタワニ
インドガビアル

ヨウスコウワニ(アリゲーター科)、ニシアフリカコガタワニ(クロコダイル科)、インドガビアル(ガビアル科)の3種を飼育しています。ワニは陸上で日光浴をしながら、口を大きく開けて体温調節をします。特に冬季は体温を上げるためによく口を開けています。

絶滅のおそれのある ヨウスコウワニ

ヨウスコウワニは、中国の長江下流域のみに生息しています。流れのおだやかな河川や湖沼、池などで暮らし、冬季になると6〜7カ月間冬眠します。

冬眠から目覚めた春先から、オスとメスでの鳴き交わしや繁殖行動が見られます。開発や農薬による生息地の破壊、乱獲、食物である貝類の減少などにより、生息数が非常に減ってしまいました。

1960年代から、200頭の野生個体をもとに飼育下での繁殖が進められ、1991年までに4,000頭以上の繁殖に成功しています。中国ではジャイアントパンダと同じく「中国国家一級重点保護野生動物」に指定され保護されています。また、海外への輸出等の取引は厳しく規制されています。

河川や湖沼、池などで暮らしています

3つの科に分かれるワニの仲間

ワニの仲間は大きく分けると、アリゲーター科、クロコダイル科、ガビアル科の3つです。 アリゲーター科は、口を閉じたときに下あごの歯は見えず、鼻の先はやや丸みを帯びています。

クロコダイル科は、口を閉じたときに下あごの前から4番目の歯が見え、鼻の先はややとがっているように見えます。ガビアル科は、鼻の先が非常に細長いのが特徴です。

アメリカ大陸に多くの種が生息する中で、アリゲーター科のヨウスコウワニは、唯一ユーラシア大陸に生息しています。

のげやまニュース

70周年のロゴマークを見つけてね!

野毛山動物園は、2021年4月1日(木)に開園70周年をむかえました。それを記念して行っているイベントの1つが「あちこち70」。動物の展示場など、園内各所に70周年のロゴマークを設置しました。大きくて目立つ物だけでなく、よく探さないと見つからない所にもロゴマークがあるので、探してみてくださいね!


写真提供:野毛山動物園

野毛山動物園【指定管理者 公益財団法人横浜市緑の協会】
〒220-0032
横浜市西区老松町63-10
TEL 045-231-1307
http://www.hama-midorinokyokai.or.jp/zoo/nogeyama/

エコチルとは?

エコチルとは、「エコロジーチルドレン」の造語で、
「子どもたちに、もっと環境に関心をもってもらえる機会をつくろう」
「地域社会と学校、家庭をエコでつなぐプラットフォームとなろう」
という思いから、札幌版を2006年、東京版を2013年に創刊いたしました。

地域社会(学校、家庭、行政、NPO、企業)をエコでつなぎ、「地球を守るためにできること」を子どもたちと一緒に考えていく−それが「エコチル」です。

創刊:2006年4月
部数:76万部(北海道版25万部 東京版31万部 横浜版20万部
頻度:毎月1回(北海道版 毎月中旬、東京版・横浜版 毎月上旬)
体裁:B判タブロイド、フルカラー、8P〜24P
配布:北海道版 北海道内 公立小学校約1040校(配布率99%)
   東京版 東京23区公立小学校約747校(配布率90%)
   横浜版 横浜市内18区の約343校
   ※その他 児童会館や公共施設などにも設置
(2019年2月時点)

※エコチルは、株式会社スクルーと提携している株式会社アドバコムが発行する機関紙です。
お問い合わせ

関連