[高知県立のいち動物公園]生き物ってオモシロイ!!|今月のどうぶつ:ヤブイヌ

 

ヤブイヌ
学名: Speothos venaticus
生息地:パナマ東部からブラジル、アメリカ北部の森林や草原
分類:食肉目 イヌ科

ヤブイヌの食事メニュー

野生のヤブイヌは、得意の泳ぎを活かして、自分より大きな獲物を水中まで追いつめて狩りを行います。のいち動物公園では、鳥肉、にわとりの頭、馬肉などを食事として食べています。

群れと狩りに適した体

ヤブイヌは水辺を好み、水の中を泳いだり、もぐったりすることが得意です。10頭程の群れで生活し、小さなほ乳類や鳥、魚などを食べて生活しています。指の間には水かき状の皮ふがあり、水ににげこんだ獲物を追いかける際に力を発揮します。

短い足と小さな耳は、やぶの中をくぐり抜けるのに適しており、せまいやぶや巣穴の中で敵と出合った際には、前を向いたまま後ろ向きに走れるといわれています。体長は55〜75㎝。体重は5〜7㎏。しっぽの長さは約13㎝です。

現在、野生のヤブイヌは、生息地の環境破壊や密漁などによる獲物の減少によって生息数が減少しており、希少な動物になりつつあります。

水の中で便利な、指の間の水かき状の皮膚

逆立ちをしてマーキング

のいち動物公園には、オスのカツマルがいます。開園30周年を記念して、2021年4月に神戸どうぶつ王国からやって来ました。来園当初はとても警戒していたカツマル。安心して生活できるように、カツマルのにおいが付いたものを置いておくなどして、そっと見守ってきました。今では少しずつ慣れてきて、ちょこちょこ走り回ったり、得意の潜水をしたりする姿を見ることができるようになりました。

ヤブイヌは、なわばりを示すために尿によるマーキングをするのですが、オスは片足を上げてするのに対し、メスは両足を上げて逆立ちをしてマーキングを行います。少しでも高い場所にマーキングすることで、広い範囲になわばりを示すことができるためです。

将来的にはおよめさん(メス)に来てもらい、家族での生活ができればと思っています。

展示場のプールで泳ぐカツマル

のいちニュース

動物たちに特製氷のプレゼント!

 暑い高知の夏を動物たちにすずしく過ごしてもらうため、それぞれの好物が入った飼育員特製の氷を動物たちにプレゼントします!動物たちがどんな反応をするのか、ぜひ見に来てくださいね! 日時:7月22日(木・祝) 13時30分〜 ※新型コロナウイルス感染症の状況により、イベントが中止・変更となる場合があります。

 


写真提供:高知県立のいち動物公園

高知県立のいち動物公園
〒781-5233 高知県香南市野市町大谷738
TEL.0887-56-3500
https://noichizoo.or.jp/

 

エコチルとは?

エコチルとは、「エコロジーチルドレン」の造語で、
「子どもたちに、もっと環境に関心をもってもらえる機会をつくろう」
「地域社会と学校、家庭をエコでつなぐプラットフォームとなろう」
という思いから、札幌版を2006年、東京版を2013年に創刊いたしました。

地域社会(学校、家庭、行政、NPO、企業)をエコでつなぎ、「地球を守るためにできること」を子どもたちと一緒に考えていく−それが「エコチル」です。

創刊:2006年4月
部数:76万部(北海道版25万部 東京版31万部 横浜版20万部
頻度:毎月1回(北海道版 毎月中旬、東京版・横浜版 毎月上旬)
体裁:B判タブロイド、フルカラー、8P〜24P
配布:北海道版 北海道内 公立小学校約1040校(配布率99%)
   東京版 東京23区公立小学校約747校(配布率90%)
   横浜版 横浜市内18区の約343校
   ※その他 児童会館や公共施設などにも設置
(2019年2月時点)

※エコチルは、株式会社スクルーと提携している株式会社アドバコムが発行する機関紙です。
お問い合わせ

関連