【食育特集】いろいろな給食も登場しているよ!学校給食の歴史を知ろう!

今回は、みんなが大好きな給食の歴史を見ていくよ。給食はおいしいだけでなく、いろいろと考えて作られていることが分かるよ。

 

給食の起源は児童を救うため

給食は、現在の山形県鶴岡市の小学校で、貧困児童に食事を提供したのが始まりといわれているよ。でも、給食の対象となる児童は限られ、太平洋戦争による食糧不足で中止になるなど、給食はなかなか広がらなかった。全国の児童に給食を実施できるようになったのが、終戦から2年ほど経った1947年のこと。ただ、この当時は米が足りず、主食はパンが中心。その後、国内で米が余るようになると、主食はパンからご飯になったよ。

そして、最近では、食に興味を持ち、食への理解を深めてほしいと、テーブルマナーを学べる〝マナー会食〟、自分の食べきれる量と栄養バランスを考えて取る〝バイキング給食〟など、学校によって、さまざまな給食が登場しているんだ。みんなも、なぜこのメニューなのかな? とちょっと考えてみてね。たくさんの知識が身につく上に、給食がもっと楽しく、味わい深いものに

 

給食の歴史を写真でふり返ろう!

昔はどのような給食を食べていたのか、当時、よく出されていたメニューを写真でふり返っていくよ。おうちの人には懐かしいメニューがあるかもね。

 

学校給食の歴史

1889年 現在の山形県鶴岡市の小学校で貧困児童に食事を提供。これが給食の起源とされる

1947年 全国の児童約300万人に学校給食開始

1949年 ユニセフの寄贈で脱脂粉乳が広がる

1958年 文部省通知で給食に牛乳を提供

1976年 給食で米飯を正式導入

1989年 学校給食100周年

戦後、日本ではさまざまな物資が不足。ユニセフ(国際連合児童基金)からミルク(脱脂粉乳)の寄贈を受け、ユニセフのミルク給食がスタート。脱脂粉乳も浸透していったんだ。

 

1889年(明治22年)

メニュー おにぎり、塩鮭、菜のつけもの

 

1947年(昭和22年)

メニュー ミルク(脱脂粉乳)、トマトシチュー

 

1950年(昭和25年)

メニュー コッペパン、ミルク(脱脂粉乳)、ポタージュ、コロッケ、せん切りキャベツ、マーガリン

 

1963年(昭和38年)

メニュー コッペパン、牛乳(委託乳)、魚のすり身フライ、マカロニサラダ、マーガリン

 

1977年(昭和52年)

メニュー カレーライス、牛乳、塩もみ、くだもの(バナナ)、スープ

 

2006年(平成18年)

メニュー キムチチャーハン、牛乳、チーズ春巻き、中華風ジャコサラダ、きのこスープ、やわらか杏仁豆腐

 

最近では、こんな給食も!

行事食(ひなまつり)

 

バイキング給食

 

時代を反映する給食

給食には、それぞれの時代背景が反映されているんだ。最近では、カレーにライスやソフトめんではなく、ナンが出る学校も増えてきているんだって。これも1つの変化だよね。

給食がもっと楽しくなる“給食クイズ”!

Q1 法律で決められている完全給食の組み合わせとは?
    (①主食・牛乳・おかず ②主食・牛乳・おかず・デザート ③主食・おかず・デザート)

Q2 調理してどのくらいの時間内で給食を食べなくてはいけない?
    (①60分以内 ②90分以内 ③120分以内)

Q3 世界ではどのくらいの国で給食が食べられている?
      (①約100カ国 ②約150カ国 ③約80カ国)

Q4 日本の中学校で給食を出しているのは全体の何%?
      (①約70% ②約65 % ③約90%)

Q5 給食の人気メニュー、揚げパンの発祥地は?
      (①大田区 ②墨田区 ③渋谷区)

【答え】 Q1①、Q2③、Q3②、Q4③、Q5①

協力・写真提供元:独立行政法人日本スポーツ振興センター

 


大福くんについてくわしくはWEBをみてね! >>>  大福くん

エコチルとは?

エコチルとは、「エコロジーチルドレン」の造語で、
こどもたちがもっと環境に関心をもてるように身近に考えてもらえる機会をつくろう!
地域社会と学校、家庭をエコでつなぐプラットフォームとなろう!
そんな想いからスタートしました。


ゼロからスタートしたエコチルづくりでしたが、各企業、行政、学校関係者の方々のご協力を頂き、札幌版2006年4月、東京版2013年4月に第一号を無事創刊しました。
札幌市内197校の小学校と児童会館、東京都23区760校の小学校に毎月配布させていただいております。
(2017年3月現在)

エコチルでは、オールフルカラー8~20ページの紙面に環境についての特集をはじめ、各学校で取り組まれている環境教育の紹介や、地球から影響をうけるからだのはなし、ワードクイズやエコマンガ、地域のエコ活動や環境イベント情報などをふんだんに盛り込み、こどもたちが楽しく環境活動を学べるようページ構成をしています。

※エコチルは、株式会社スクルーと提携している株式会社アドバコムが発行する機関紙です。
お問い合わせ

関連