[福岡市動物園]生き物ってオモシロイ!!|今月のどうぶつ:シセンレッサーパンダ

 

シセンレッサーパンダ
学名: Ailurus Fulgens
生息地:ヒマラヤ南東部、中国四川省など
分類:食肉目 レッサーパンダ科

木の上では上手に動き回ります

ふさふさしたしっぽの役割

しっぽでバランスをとったり、ねるときに体に巻き付けて体温を調整したりします。

 

元祖パンダ

レッサーパンダの体調は50〜60cm、体重は約6kgで、太めで長く、しま模様のしっぽが特徴です。絶滅危惧種に指定されていて、ブータン、中国南東部、ミャンマー、インド、ネパールの標高1,500〜4,000mに生息しています。主食は竹の葉っぱや果物、野菜、カリカリのペレットなどで、野生では昆虫や小動物も食べます。

レッサーパンダは動物園の中でも人気者ですが、来園者からは「あ、アライグマだ」「タヌキいたよ」という声がチラホラ聞こえてきます。しかも、パンダという名前が付いているため、知名度ではジャイアントパンダにかくれがちな存在です。しかし、実は先に発見されたのはレッサーパンダで、元祖パンダはレッサーパンダなのです。初めてパンダの名を得た動物ということで、ぜひ覚えていただきたいです。

お腹の毛は真っ黒

3頭のレッサーパンダ

福岡市動物園にはレッサーパンダが3頭生活しています。リンゴを両手で持って、立って食べることができるマリモ。仲間に優しい草食系男子のノゾム。あまえ上手、好奇心旺盛なハルマキ。ハルマキはノゾムとペアを組むために2019年1月に千葉県市川市動植物園からやって来ました。まだ2頭は繁殖に至っていませんが、今後に期待したいところです。

リンゴが大好きなマリモ

ふくおかニュース

ZOOスポットガイド開催

毎週日曜、祝日は、動物について楽しく学べるZOOスポットガイドを開催しています。担当飼育員だからこそ知っている動物たちの「くせ」や「習慣」など、とっておきの話を披露します。

※イベントの開催は中止や変更となる場合がありますので、ホームページでご確認ください。


写真提供:福岡市動物園

福岡市動物園
福岡市中央区南公園1-1
TEL.092-531-1968
https://zoo.city.fukuoka.lg.jp/

 

エコチルとは?

エコチルとは、「エコロジーチルドレン」の造語で、
「子どもたちに、もっと環境に関心をもってもらえる機会をつくろう」
「地域社会と学校、家庭をエコでつなぐプラットフォームとなろう」
という思いから、札幌版を2006年、東京版を2013年に創刊いたしました。

地域社会(学校、家庭、行政、NPO、企業)をエコでつなぎ、「地球を守るためにできること」を子どもたちと一緒に考えていく−それが「エコチル」です。

創刊:2006年4月
部数:76万部(北海道版25万部 東京版31万部 横浜版20万部
頻度:毎月1回(北海道版 毎月中旬、東京版・横浜版 毎月上旬)
体裁:B判タブロイド、フルカラー、8P〜24P
配布:北海道版 北海道内 公立小学校約1040校(配布率99%)
   東京版 東京23区公立小学校約747校(配布率90%)
   横浜版 横浜市内18区の約343校
   ※その他 児童会館や公共施設などにも設置
(2019年2月時点)

※エコチルは、株式会社スクルーと提携している株式会社アドバコムが発行する機関紙です。
お問い合わせ

関連