【エコなひと】日本に古くからある〝おりがみ〞を通して、 エコの意識を高め、リサイルの知識も増やしていく|一般社団法人日本折紙協会理事長  黒岩 琢磨 さん

今月のテーマ:折り紙遊びでエコ意識を高める

今回、お話をうかがったのは一般社団法人折紙協会の黒岩琢磨さんです。おりがみの素晴らしさを広め、優れたリサイクル品であることも伝えたいと、さまざまな活動を行なっています。

 

日本に古くからある〝おりがみ〞を通して、

エコの意識を高め、リサイルの知識も増やしていく

一般社団法人日本折紙協会理事長 
黒岩 琢磨 さん

日本の伝統文化であり、楽しい学びでもある“おりがみ”の魅力を、世界中に伝えるための活動をしている。

 

おりがみで子どもたちを笑顔に

日本折紙協会は、日本の伝統的な造形文化であり、すぐれた教育素材でもある〝折り紙〞を伝承・発展させ、国内外に普及することを目的に創設された一般社団法人です。その普及活動の一貫として、11月10日(土)と11日(日)の2日間、〝キッズおりがみフェスタ2018〞を開催します。

「このイベントは、親子でコミュニケーションしながらおりがみを楽しめるとともに、紙すき体験などを通して、リサイクルやエコにつても学べる場です。そもそも、おりがみは、1度つくお作って終わりではなく、何度も作り直せる優秀なアイテムです。ぜひ1枚のおりがみから、いろいろなものを作り出してみてください」と、黒岩さんは話します。

 

おりがみからエコやリサイクルを学ぶ

さらに、このイベントで使用されるおりがみの一部は、環境に配慮されたものだそうです。

「おりがみは多くの地域で古紙としてリサイクルされています。だからこそ、再生紙でできたおりがみにふれてほしい。また、〝植物油インク〞という、植物油を原料とした環境に優しいインクで印刷されたおりがみも用意しました。これらに実際にふれてみることで、リサイクルやエコについて、いろいろな角度から学べると思います。11月11日(日)は〝おりがみの日〞。おりがみでたくさん遊んでくださいね」

エコチルとは?

エコチルとは、「エコロジーチルドレン」の造語で、
「子どもたちに、もっと環境に関心をもってもらえる機会をつくろう」
「地域社会と学校、家庭をエコでつなぐプラットフォームとなろう」
という思いから、札幌版を2006年、東京版を2013年に創刊いたしました。

地域社会(学校、家庭、行政、NPO、企業)をエコでつなぎ、「地球を守るためにできること」を子どもたちと一緒に考えていく−それが「エコチル」です。

創刊:2006年4月
部数:76万部(北海道版25万部 東京版31万部 横浜版20万部
頻度:毎月1回(北海道版 毎月中旬、東京版・横浜版 毎月上旬)
体裁:B判タブロイド、フルカラー、8P〜24P
配布:北海道版 北海道内 公立小学校約1040校(配布率99%)
   東京版 東京23区公立小学校約747校(配布率90%)
   横浜版 横浜市内18区の約343校
   ※その他 児童会館や公共施設などにも設置
(2019年2月時点)

※エコチルは、株式会社スクルーと提携している株式会社アドバコムが発行する機関紙です。
お問い合わせ

関連