今月のエコチル ☆おすすめ体験プログラム☆楽しく学んで、 自分で考える力を付けよう!「アーテック自考力キッズ」

 

秋といえば、スポーツ・芸術・読書と、新しいことにチャレンジするのにもぴったりな季節だね。

今回は、全国の幼稚園、保育園、小・中学校、高校の約11万3,000校で使用されている学校教材メーカーのアーテックから「パズル」「ロボット」「プログラミング」の3つのカリキュラムで学ぶプログラミング教室〝アーテック自考力キッズ〟を紹介するよ。

〝パズル〟では算数ブロックなどを使って、図解・空間認識力と集中力をみがき、〝ロボット〟ではブロックで自分だけのロボットを組み立ててギヤやモーターで動かしながら、創造力と表現力を育み、パソコンを使って作ったプログラムで自動車を自在に走らせる〝プログラミング〟で、論理的思考力と問題解決力を身に付けていくよ。

マウスの使い方やパソコンの基礎から学べるので、パソコンにさわったことのない小学校低学年のお友達でも、楽しくプログラミングを学べるから安心してね。

本格的にロボットプログラミングを学びたくなったら、中〜高学年向けの〝アーテックエジソンアカデミー〟がおすすめだよ。ロボットの組み立てとプログラミングの両方を学ぶことができるんだ。体験授業も随時受付しているよ。くわしくはホームページをチェックしてね。

 

小学生向けプログラミング教室 秋の生徒募集中!

自考力キッズ >>> お近くの教室はこちらから

エジソンアカデミー >>> お近くの教室はこちらから

 

※体験会についてのお問い合わせは各教室に直接ご連絡ください。
※申し込み画面には無料体験会に対応していない教室も表示されます。記載の教室名をお確かめの上、お申込みください。
※所在地は申込み画面にてご確認ください。
※新型コロナウイルス感染拡大に伴う東京都の対応によって変更がある場合がございます。詳細は教室に直接お問い合わせください。

 

エコチルとは?

エコチルとは、「エコロジーチルドレン」の造語で、
「子どもたちに、もっと環境に関心をもってもらえる機会をつくろう」
「地域社会と学校、家庭をエコでつなぐプラットフォームとなろう」
という思いから、札幌版を2006年、東京版を2013年に創刊いたしました。

地域社会(学校、家庭、行政、NPO、企業)をエコでつなぎ、「地球を守るためにできること」を子どもたちと一緒に考えていく−それが「エコチル」です。

創刊:2006年4月
部数:76万部(北海道版25万部 東京版31万部 横浜版20万部
頻度:毎月1回(北海道版 毎月中旬、東京版・横浜版 毎月上旬)
体裁:B判タブロイド、フルカラー、8P〜24P
配布:北海道版 北海道内 公立小学校約1040校(配布率99%)
   東京版 東京23区公立小学校約747校(配布率90%)
   横浜版 横浜市内18区の約343校
   ※その他 児童会館や公共施設などにも設置
(2019年2月時点)

※エコチルは、株式会社スクルーと提携している株式会社アドバコムが発行する機関紙です。
お問い合わせ

関連