新型コロナウイルス感染防止のため
教室が体験受入れを停止している場合があります

【キャリチル】[開催報告]役立つワークショップが目白押し!夏休み2019 宿題・自由研究大作戦!

2019年7月30日(火)から8月1日(木)までの3日間、東京流通センターにて「夏休み2019 宿題・自由研究大作戦!」が開催されました。このイベントでは、夏休みの宿題や自由研究に役立つ体験プログラムやステージプログラムを用意。11,837名もの多くの親子が参加しました。

例えば、『自由研究は歯のふしぎ! 作って学べる 歯が命教室』では、歯の構造を学べる飛び出す絵本作りや顕微鏡による口の菌観察などを行い、歯の大切さについて、あらためて気付かせてくれました。また、『日本のお茶ってどんなお茶?』では、いろいろな日本のお茶を見たりさわったりして、特徴やちがいを見つけ、水と氷で作るおいしいお茶の入れ方も教わりました。

ステージプログラムでは、空港や港などの税関で活躍している麻薬探知犬のデモンストレーション、元プロレスラーの小橋建太さんによるプロレス流エクササイズの実技指導、恐竜&化石クイズ大会など、さまざまな内容を実施。来場した親子を楽しませていました。

夏休みの宿題や自由研究に役立つことがたくさんの3日間となりました。

 


一般社団法人日本能率協会

エコチルとは?

エコチルとは、「エコロジーチルドレン」の造語で、
「子どもたちに、もっと環境に関心をもってもらえる機会をつくろう」
「地域社会と学校、家庭をエコでつなぐプラットフォームとなろう」
という思いから、札幌版を2006年、東京版を2013年に創刊いたしました。

地域社会(学校、家庭、行政、NPO、企業)をエコでつなぎ、「地球を守るためにできること」を子どもたちと一緒に考えていく−それが「エコチル」です。

創刊:2006年4月
部数:76万部(北海道版25万部 東京版31万部 横浜版20万部
頻度:毎月1回(北海道版 毎月中旬、東京版・横浜版 毎月上旬)
体裁:B判タブロイド、フルカラー、8P〜24P
配布:北海道版 北海道内 公立小学校約1040校(配布率99%)
   東京版 東京23区公立小学校約747校(配布率90%)
   横浜版 横浜市内18区の約343校
   ※その他 児童会館や公共施設などにも設置
(2019年2月時点)

※エコチルは、株式会社スクルーと提携している株式会社アドバコムが発行する機関紙です。
お問い合わせ

関連