新型コロナウイルス感染防止のため
教室が体験受入れを停止している場合があります

今月のエコチル ★おすすめ体験イベント★楽しみながら学ぼう!レゴ®️スクール 「春の体験レッスン」開催

みんなが大好きなレゴ®️ブロックを使って、さまざまな制作を行うレゴ®️スクールが、春の体験レッスンを開催するよ。

春の体験レッスンの特徴は、次年度の学年のクラスが体験できること! 例えば、現在小学1年生なら2年生のクラス、小学2年生なら3年生のクラスとなるよ。

新小1年生のクラス『イノベイター』は宇宙と海、それらに関連した技術について、学び、考えることで想像力、表現力、観察力を高めることを目標としたコースだよ。新小2・3年生のクラスは、力学の基本原理を学んでいく『ワールド・サイエンス』と、レゴ®️WeDo2.0を使ってプログラミングを学んでいく『コードクリエイター』という2種類を用意。新小3・4・5年生のクラス『ワールド・ロボティクス』は、ロボット教材「レゴ®️マインドストーム」を使って、自立型のロボットデザイン、プログラミングの基礎を習得していくよ。

そして、春の体験レッスンでは、発売されたばかりのプログラミング教材〝SPIKE プライム〟を使った『ワールドコーディング』クラスが4月からのスタートを前に、いち早く体験できるんだ。対象は小学2年生以上だから、今、小学1年生の子もOKだよ。

さまざまなクラスが用意されたレゴ®️スクールの春の体験レッスン、ぜひ参加してみてね。レゴ®️ブロックが好きなら、より楽しく学べるよ!

レゴ®️スクール体験レッスン  >>> お申込みはこちらから!

 

エコチルとは?

エコチルとは、「エコロジーチルドレン」の造語で、
「子どもたちに、もっと環境に関心をもってもらえる機会をつくろう」
「地域社会と学校、家庭をエコでつなぐプラットフォームとなろう」
という思いから、札幌版を2006年、東京版を2013年に創刊いたしました。

地域社会(学校、家庭、行政、NPO、企業)をエコでつなぎ、「地球を守るためにできること」を子どもたちと一緒に考えていく−それが「エコチル」です。

創刊:2006年4月
部数:76万部(北海道版25万部 東京版31万部 横浜版20万部
頻度:毎月1回(北海道版 毎月中旬、東京版・横浜版 毎月上旬)
体裁:B判タブロイド、フルカラー、8P〜24P
配布:北海道版 北海道内 公立小学校約1040校(配布率99%)
   東京版 東京23区公立小学校約747校(配布率90%)
   横浜版 横浜市内18区の約343校
   ※その他 児童会館や公共施設などにも設置
(2019年2月時点)

※エコチルは、株式会社スクルーと提携している株式会社アドバコムが発行する機関紙です。
お問い合わせ

関連