新型コロナウイルス感染防止のため
教室が体験受入れを停止している場合があります

【井の頭自然文化園だより】生き物ってオモシロイ!!|今月のどうぶつ:ニホンアナグマ

 

学名: Meles anakuma
生息地:日本(本州・四国・九州)
食肉目 イタチ科

 


文化園で見られるイタチ科の動物

 

夏毛
冬毛

ホンドテン

学名:Martes melampus melampus
生息地:日本(本州・四国・九州)
夏と冬で体の色が変わります。

穴ほり名人

ニホンアナグマは里山のやぶや林などで、穴をほって1頭で暮らしています。夜行性で、ミミズや土の中の昆虫、カエル、木の実などを食べています。冬は巣穴の中で冬眠し、春になると子どもをつくるために、オスがメスの巣穴を訪れます。

井の頭自然文化園では、オス2頭、メス2頭のニホンアナグマを飼育しています。ふだんは野生での生活と同じように1頭ずつにしていますが、今年の2月から3月にかけて、はんしょくのためにオスとメスを同居させました。

するどいつめで穴をほる

慎重にお見合い

まずは、同居の数日前に、ふだんメスを飼育している部屋にオスだけを放して、オスにメスのにおいをかがせました。次にオスと交代してメスを放しました。ニホンアナグマは鼻がよく、主ににおいを手がかりにして相手を探すため、においを通しておたがいの様子を知らせるのです。

そして当日、出会ってすぐ2頭は、おたがいにおしりのにおいをかぎ合いました。オスが「ジジジ…」と求愛の声を出し、メスの首をくわえながら体に乗りかかり、うまく交尾ができました。

同居の様子

イタチ科やクマ科などの動物は、交尾してからにんしんするまでの期間が長いことが知られており、ニホンアナグマの場合、交尾から出産まで1年近くもかかります。この母親が安心して出産、子育てできるように、日々の飼育管理に努めていきたいと思います。

>>> ニホンアナグマの同居の動画がみられるよ!

いのかしらニュース

3月にマーラの子どもが生まれました

マーラはアルゼンチンの草原にすむネズミの仲間です。後ろ足が長いのが特徴で、ウサギやカンガルーにも似ています。写真は生まれて6日目ですが、今では親よりもひと回り小さいくらいまで成長しました。大人と見分けがつかなくなる前に、ぜひかわいらしい子どもの姿を見に来てください。

 


井の頭自然文化園
東京都武蔵野市御殿山1丁目17-6
TEL.0422-46-1100
http://www.tokyo-zoo.net/zoo/ino/

写真提供:公益財団法人東京動物園協会

エコチルとは?

エコチルとは、「エコロジーチルドレン」の造語で、
「子どもたちに、もっと環境に関心をもってもらえる機会をつくろう」
「地域社会と学校、家庭をエコでつなぐプラットフォームとなろう」
という思いから、札幌版を2006年、東京版を2013年に創刊いたしました。

地域社会(学校、家庭、行政、NPO、企業)をエコでつなぎ、「地球を守るためにできること」を子どもたちと一緒に考えていく−それが「エコチル」です。

創刊:2006年4月
部数:76万部(北海道版25万部 東京版31万部 横浜版20万部
頻度:毎月1回(北海道版 毎月中旬、東京版・横浜版 毎月上旬)
体裁:B判タブロイド、フルカラー、8P〜24P
配布:北海道版 北海道内 公立小学校約1040校(配布率99%)
   東京版 東京23区公立小学校約747校(配布率90%)
   横浜版 横浜市内18区の約343校
   ※その他 児童会館や公共施設などにも設置
(2019年2月時点)

※エコチルは、株式会社スクルーと提携している株式会社アドバコムが発行する機関紙です。
お問い合わせ

関連