【金沢動物園だより】生き物ってオモシロイ!!|今月のどうぶつ:オオカンガルー

袋からひょこっと顔を出す子カンガルー

 

学名: Macropus giganteus

生息地:オーストラリア東部

双前歯目 カンガルー科

 

「袋」のある動物たち

カンガルーと同じ有袋類(メスのお腹に子どもが入る袋のある動物)のコアラ(上)とウォンバット(下)。どちらも袋は下向きでカンガルーとは逆。

 

袋のヒミツ

カンガルーの袋(育児のう)はメスにだけあります。袋の中は、子どもにとって過ごしやすい温度と湿度になっていて、中に乳首が4つあります。

生まれたての赤ちゃんは2〜3㎝の大きさで、体重は1gしかありません。赤ちゃんは生まれてすぐお母さんの袋まで自力で登り、袋の中に入ります。そして4つのお乳のどれか1つに吸い付きます。するとお乳の先がふくらみ、赤ちゃんの口にぴったりはまって外れにくくなります。そのまま母乳を飲んで育った赤ちゃんは、2カ月ほど経って初めて乳首からはなれます。母乳の成分は、赤ちゃんの成長とともに大きく変化します。生後7カ月を過ぎると袋から顔を出すようになり、生後8カ月ほどで全身が袋から出るようになります。

優れたジャンプ力

カンガルーは長くて大きな足を活かした大ジャンプが得意です。距離でいうと約8m、高さは2mもジャンプすることができます。時速50㎞を超すこともあるほど、速いスピードで移動することも可能です。体重の軽いメスの方がオスよりもスピードが速く、ジャンプ力も優れているといわれています。

さっそうと飛びはねます!

このジャンプ力を生み出しているのが、長くてがんじょうな後ろ足です。後ろ足は筋肉がとても発達していて、人間でいう足の甲の部分が長くなっています。

動物園でも全力で飛びはねることがあるので、迫力あるカンガルーを観察できるかもしれません。

かなざわニュース

2月はバレンタイン

2月は1年で最も寒い季節です。動物園の動物を観察するとき暖かくして、かぜなど引かないようにお気を付けて。きっと寒い季節ならではの発見があると思います。

金沢動物園では2月のバレンタインにちなんで「動物たちのなかよし写真展」を開催します。感染症対策も万全にして、お越しくださいね。

 


写真提供:金沢動物園

金沢動物園【指定管理者 公益財団法人横浜市緑の協会】
〒236-0042
横浜市金沢区釜利谷東5-15-1
TEL 045-783-9100
http://www.hama-midorinokyokai.or.jp/zoo/kanazawa/

 

エコチルとは?

エコチルとは、「エコロジーチルドレン」の造語で、
「子どもたちに、もっと環境に関心をもってもらえる機会をつくろう」
「地域社会と学校、家庭をエコでつなぐプラットフォームとなろう」
という思いから、札幌版を2006年、東京版を2013年に創刊いたしました。

地域社会(学校、家庭、行政、NPO、企業)をエコでつなぎ、「地球を守るためにできること」を子どもたちと一緒に考えていく−それが「エコチル」です。

創刊:2006年4月
部数:76万部(北海道版25万部 東京版31万部 横浜版20万部
頻度:毎月1回(北海道版 毎月中旬、東京版・横浜版 毎月上旬)
体裁:B判タブロイド、フルカラー、8P〜24P
配布:北海道版 北海道内 公立小学校約1040校(配布率99%)
   東京版 東京23区公立小学校約747校(配布率90%)
   横浜版 横浜市内18区の約343校
   ※その他 児童会館や公共施設などにも設置
(2019年2月時点)

※エコチルは、株式会社スクルーと提携している株式会社アドバコムが発行する機関紙です。
お問い合わせ

関連