【食育特集】いろいろな願いが 込められている 行事食について知ろう!

季節ごとの行事やお祝いの日に食べる〝行事食〟。学校の給食やおうちの食卓などで、目にしたことがあるかもしれないね。そんな行事食を見ていこう!

 

幸せを願う行事食

十五夜にお供えする月見団子、冬至の日に食べるカボチャ料理など、季節ごとの行事やお祝いの日に食べる特別な料理のことを〝行事食〟というよ。

行事食は、もっともおいしいとされる旬の食材を使っていることが多いため、季節を味わい、楽しむことができるのが特徴の1つ。また、家族の健康や幸せを願う意味も込められているよ。

例えば、十五夜の月見団子は、これからの農作物の収穫をいのり、米の団子を供えたのが由来。冬至のカボチャ料理は、冬至にカボチャを食べると風邪を引かないといわれているんだ。

このように、日本には1年を通じてさまざまな行事食がある。他に、どのような行事と行事食があるのか調べてみてね。地域によって、料理や食品が異なることもあるよ!

世界にもあるよ、行事食!


アメリカ合衆国

ターキー

毎年11月の第4木曜日のサンクス・ギビングデー(感謝祭)に家族や友達が集まって食べるよ。

 

ガーナ共和国

ヤムケーキ

3月6日の独立記念日を始めとして、大きなお祭りがあるときなどに食べるよ。

 

タイ王国

カオチェー

毎年4月13日〜15日に行われる水かけ祭り“ソンクラーン”で 食べるんだ。

 

ペルー共和国

トゥロン・デ・ドニャ・ペパ

毎年10月、“セニョール・デ・ロス・ミラグロス”と呼ばれる、キリストの壁画を祝うお祭りが開かれる日に食べるよ。

 

メキシコ合衆国

チレス・エン・ノガータ

メキシコの独立記念日にあたる9月16日のころになると、食卓にのぼるよ。

 

中華人民共和国

水ギョーザ

旧れきの1月1日にあたる旧正月に、縁起の良いものとして食べられているよ。

行事食クイズ!いつ食べるか分かるかな?

いつ食べる行事食か分かるかな?(  )の中に入る1月〜12月までの月を考えてね。

【答え】
 ①5月、②8月、③10月
④4月、⑤2月、⑥1月
 ⑦7月、⑧3月、⑨12月
 ⑩6月、⑪11月、⑫9月

 

出展元:小学生用食育教材「たのしい食事つながる食育」

 

大福くんについてくわしくはWEBをみてね! >>>  大福くん

エコチルとは?

エコチルとは、「エコロジーチルドレン」の造語で、
「子どもたちに、もっと環境に関心をもってもらえる機会をつくろう」
「地域社会と学校、家庭をエコでつなぐプラットフォームとなろう」
という思いから、札幌版を2006年、東京版を2013年に創刊いたしました。

地域社会(学校、家庭、行政、NPO、企業)をエコでつなぎ、「地球を守るためにできること」を子どもたちと一緒に考えていく−それが「エコチル」です。

創刊:2006年4月
部数:76万部(北海道版25万部 東京版31万部 横浜版20万部
頻度:毎月1回(北海道版 毎月中旬、東京版・横浜版 毎月上旬)
体裁:B判タブロイド、フルカラー、8P〜24P
配布:北海道版 北海道内 公立小学校約1040校(配布率99%)
   東京版 東京23区公立小学校約747校(配布率90%)
   横浜版 横浜市内18区の約343校
   ※その他 児童会館や公共施設などにも設置
(2019年2月時点)

※エコチルは、株式会社スクルーと提携している株式会社アドバコムが発行する機関紙です。
お問い合わせ

関連