【開催報告】2020年4月24日 北海道白老町にウポポイ(民族共生象徴空間)が誕生

2020年4月24日(金)にオープンする「ウポポイ」は、国立アイヌ民族博物館や国立民族共生公園を主な施設とした、先住民族アイヌの人たちの歴史や文化を体感できるナショナルセンターだよ。

自然との共生を大切にしてきた考え方や衣服・食 事・住まいの様子、音楽やおどり、言葉や交易の歴史など、アイヌの人たちの伝統や文化を、体験して学ぶことができるんだ。

また、ウポポイでは、アイヌ語を教わったり、口琴の1つ“ムックリ”を演奏したり、木ぼりや刺しゅう、伝統料理の試食、さわって学べる展示があったりなど、さまざまな体験メニューを用意して、みんなを待っているよ。

 


公益財団法人 アイヌ民族文化財団

最新情報はこちらから! >>> ウポポイ で検索!

エコチルとは?

エコチルとは、「エコロジーチルドレン」の造語で、
「子どもたちに、もっと環境に関心をもってもらえる機会をつくろう」
「地域社会と学校、家庭をエコでつなぐプラットフォームとなろう」
という思いから、札幌版を2006年、東京版を2013年に創刊いたしました。

地域社会(学校、家庭、行政、NPO、企業)をエコでつなぎ、「地球を守るためにできること」を子どもたちと一緒に考えていく−それが「エコチル」です。

創刊:2006年4月
部数:76万部(北海道版25万部 東京版31万部 横浜版20万部
頻度:毎月1回(北海道版 毎月中旬、東京版・横浜版 毎月上旬)
体裁:B判タブロイド、フルカラー、8P〜24P
配布:北海道版 北海道内 公立小学校約1040校(配布率99%)
   東京版 東京23区公立小学校約747校(配布率90%)
   横浜版 横浜市内18区の約343校
   ※その他 児童会館や公共施設などにも設置
(2019年2月時点)

※エコチルは、株式会社スクルーと提携している株式会社アドバコムが発行する機関紙です。
お問い合わせ

関連