【中高生版】抽選でプレゼントがあたる!エコワードパズル【9月号】

 

クロスワードを解いて、アルファベットの順に並べると、何という言葉になるかな?

問題の答えを応募して、プレゼントをもらおう!

正解者の中から抽選で4名様に、子どもにも大人気のチョコレート!!『チョコレートバーク ストロベリー&ヘーゼルナッツがあたるよ!

ヘーゼルナッツとドライストロベリーを散りばめたチョコレートバークを4名様に。コートジボワールの環境保全や農家の自立支援の取り組みを通じて生産されたカカオを使用しているよ。

 

 

タテのカギ

①韓国料理の1つ。鶏肉の中に、もち米や野菜、松の実を詰めて煮込む。
②物事の最後、決着のこと。「○○を付ける」。
③南米のボリビアにある都市。アンデス山脈に囲まれた世界最大級の塩湖が有名。
④利益を失うこと。「○○をする」。
⑤熱を加えるとすぐに溶け、燃えやすい化合物。円柱状で白色のものが多く、無臭。「〇〇そく」。

ヨコのカギ

③本当ではないこと。「〇〇をつく」。
⑥真の値と実際に測定した値の差。「この時計は少し○○がある」。
⑦2つのことがくい違っていて、つじつまが合わないこと。
⑧温かい水蒸気が冷えて白く見えるもの。
⑨幹の中が空で、節があるイネ科の植物。「〇〇取物語」。
⑩飲むためのもの。「炭酸〇〇〇〇〇」。

締め切り:2021年10月3日(日)

 

応募はこちらから

 

当選は賞品の発送をもって代えさせていただきます。

 

賞品提供:imperfect株式会社

 


エコチルとは?

エコチルとは、「エコロジーチルドレン」の造語で、
「子どもたちに、もっと環境に関心をもってもらえる機会をつくろう」
「地域社会と学校、家庭をエコでつなぐプラットフォームとなろう」
という思いから、札幌版を2006年、東京版を2013年に創刊いたしました。

地域社会(学校、家庭、行政、NPO、企業)をエコでつなぎ、「地球を守るためにできること」を子どもたちと一緒に考えていく−それが「エコチル」です。

創刊:2006年4月
部数:76万部(北海道版25万部 東京版31万部 横浜版20万部
頻度:毎月1回(北海道版 毎月中旬、東京版・横浜版 毎月上旬)
体裁:B判タブロイド、フルカラー、8P〜24P
配布:北海道版 北海道内 公立小学校約1040校(配布率99%)
   東京版 東京23区公立小学校約747校(配布率90%)
   横浜版 横浜市内18区の約343校
   ※その他 児童会館や公共施設などにも設置
(2019年2月時点)

※エコチルは、株式会社スクルーと提携している株式会社アドバコムが発行する機関紙です。
お問い合わせ

関連