[東京版]抽選でプレゼントがあたる!エコワードパズル【1月号】

 

クロスワードを解いて、アルファベットの順に並べると、何という言葉になるかな?

問題の答えを応募して、プレゼントをもらおう!

正解者の中から抽選で5名様に『 ハンドラボ 手指消毒スプレーVHがあたるよ!

タテのカギ

①元日の日の出のこと。「山頂から〇〇〇〇〇を見る」。
②苦しみや困難。「〇〇〇を乗り越える」。
③問題の答えを出す。「なぞなぞを〇〇」。
④太陽がしずんで暗くなっている間。
⑤口をすぼめて、息を出す。「音楽でリコーダーを〇〇」。
⑥お正月に食べる伝統的な日本料理で、もちや野菜などが入った汁物。

ヨコのカギ

①“みにくいアヒルの子”の本当の姿は?
⑦繊維や針金などをより合わせて長くつくった物。
⑧問題を解く手がかり。「〇〇〇を出す」。
⑨より良いやり方をいろいろ考えること。「省エネのための〇〇〇をする」。
⑩次の〇〇に入る接続語は?「ねむい。〇〇、まだ遊びたい」。
⑪国家。また、そのしめている地域。「日本は南北に細長い〇〇だ」。

 

締め切り:2021年1月25日(月)

 

応募はこちらから

 

当選は賞品の発送をもって代えさせていただきます。

 

賞品提供:サラヤ株式会社


 

エコチルとは?

エコチルとは、「エコロジーチルドレン」の造語で、
「子どもたちに、もっと環境に関心をもってもらえる機会をつくろう」
「地域社会と学校、家庭をエコでつなぐプラットフォームとなろう」
という思いから、札幌版を2006年、東京版を2013年に創刊いたしました。

地域社会(学校、家庭、行政、NPO、企業)をエコでつなぎ、「地球を守るためにできること」を子どもたちと一緒に考えていく−それが「エコチル」です。

創刊:2006年4月
部数:76万部(北海道版25万部 東京版31万部 横浜版20万部
頻度:毎月1回(北海道版 毎月中旬、東京版・横浜版 毎月上旬)
体裁:B判タブロイド、フルカラー、8P〜24P
配布:北海道版 北海道内 公立小学校約1040校(配布率99%)
   東京版 東京23区公立小学校約747校(配布率90%)
   横浜版 横浜市内18区の約343校
   ※その他 児童会館や公共施設などにも設置
(2019年2月時点)

※エコチルは、株式会社スクルーと提携している株式会社アドバコムが発行する機関紙です。
お問い合わせ

関連