新型コロナウイルス感染防止のため
教室が体験受入れを停止している場合があります

【横浜版】[開催報告]自宅で満開のお花を楽しんだよ! 「ガーデンネックレス横浜2020」が画像や動画をアップ!

 

2017年から横浜市が実施する「ガーデンネックレス横浜」は、今年で4回目をむかえました。山下公園、港の見える丘公園など都心臨海部の「みなとエリア」と、よこはま動物園ズーラシアに隣接する自然豊かな「里山ガーデン」をメイン会場に、約60万本の花が市内各所をいろどり、行き交う人々を楽しませてきました。

しかし、今年はコロナウイルスの流行により、ワークショップやフォトスポットをめぐるラリーなど、予定されていたイベントの多くが中止に。1万㎡にもおよぶ市内最大級の大花壇を楽しめる「里山ガーデンフェスタ」は5月10日(日)まで、「ガーデンネックレス横浜2020」自体も、5月31日(日)まで休止となってしまいました。

そこで、インスタグラムやツイッターなどに、見ごろをむかえた花の写真がアップされ、自宅で楽しめるようになりました。また、ガーデンネックレス横浜 公式YouTubeチャンネルには、バラの開花状況や、アンバサダーの三上真史さんによるガイドツアーなどを公開。公式サイトには、これらの写真や動画に加え、イベントのマスコットキャラクター、ガーデンベアのぬり絵も登場! 家で過ごす時間を豊かなものにしてくれました。

>>> 公式サイトはこちらから!

※6月1日(月)以降のスケジュールは、公式サイトからご確認ください。

 


横浜市環境創造局みどりアップ推進課
TEL.050-5548-8686(NTTハローダイヤル 6月8日まで)

エコチルとは?

エコチルとは、「エコロジーチルドレン」の造語で、
「子どもたちに、もっと環境に関心をもってもらえる機会をつくろう」
「地域社会と学校、家庭をエコでつなぐプラットフォームとなろう」
という思いから、札幌版を2006年、東京版を2013年に創刊いたしました。

地域社会(学校、家庭、行政、NPO、企業)をエコでつなぎ、「地球を守るためにできること」を子どもたちと一緒に考えていく−それが「エコチル」です。

創刊:2006年4月
部数:76万部(北海道版25万部 東京版31万部 横浜版20万部
頻度:毎月1回(北海道版 毎月中旬、東京版・横浜版 毎月上旬)
体裁:B判タブロイド、フルカラー、8P〜24P
配布:北海道版 北海道内 公立小学校約1040校(配布率99%)
   東京版 東京23区公立小学校約747校(配布率90%)
   横浜版 横浜市内18区の約343校
   ※その他 児童会館や公共施設などにも設置
(2019年2月時点)

※エコチルは、株式会社スクルーと提携している株式会社アドバコムが発行する機関紙です。
お問い合わせ

関連