【エコなひと】さまざまな人との話し合いを通じて、SDGsのSとD=持続可能な発展を 楽しく考え、つくっていきたい。|一般社団法人 サステナビリティ・ダイアログ 牧原 ゆりえさん

 

今回は、一般社団法人サステナビリティ・ダイアログ代表理事の牧原ゆりえさんに、スウェーデン滞在中に学んだこと、ご自身のエコ活動などについてお話を伺いました。

今月のテーマ:持続可能な発展を考える

さまざまな人との話し合いを通じて、SDGsのSとD=持続可能な発展を楽しく考え、つくっていきたい。

写真:Naoki Ichinei

一般社団法人 サステナビリティ・ダイアログ 牧原 ゆりえさん

1972年福島県生まれ。東京育ち。スウェーデン・ブレーキンゲ工科大学大学院卒業後、一般社団法人サステナビリティ・ダイアログ代表理事として、Art of Hostingというグローバルなコミュニティの世話人をしている。

スウェーデンでの学びを実践

スウェーデンへの留学経験がある牧原さん。どのようなことを学んだのでしょうか。「主にサステナビリティ(持続可能な発展)やリーダーシップを学びました。Art of Hostingという対話と協働の実践のコミュニティにも出会いました。スウェーデンの教育や社会の関わりがとても快適で、日本に戻って来て、学んだことを実践できる場を作ろうと思い、サステナビリティ・ダイアログを立ち上げました。現在、サステナビリティに必要な対話の呼びかけや、札幌市主催の気候変動ゼミのホストなどをして、若者や子どもも対等に話せる場をつくっています」と牧原さんは話します。

たくさん外で遊ぼう!

普段のエコ活動をお聞きしました。「できるだけ顔が見える生産者から食品を購入し、マイボトルと玄米とブロッコリーのお弁当で、プラスチックごみが出ないごはんを楽しんでいます」と牧原さん。 

小学生へのメッセージもいただきました。「スウェーデンでは勉強ばかりしている人がいたら、外へ連れ出して遊びなさいと言われます。外で遊んで仲良くなれたら、相手を信じて話せるようになりますよ。みなさん、たくさん遊んで仲間との会話を楽しんでください。いつか出会って、SDの話をしましょう!」。

エコチルとは?

エコチルとは、「エコロジーチルドレン」の造語で、
「子どもたちに、もっと環境に関心をもってもらえる機会をつくろう」
「地域社会と学校、家庭をエコでつなぐプラットフォームとなろう」
という思いから、札幌版を2006年、東京版を2013年に創刊いたしました。

地域社会(学校、家庭、行政、NPO、企業)をエコでつなぎ、「地球を守るためにできること」を子どもたちと一緒に考えていく−それが「エコチル」です。

創刊:2006年4月
部数:76万部(北海道版25万部 東京版31万部 横浜版20万部
頻度:毎月1回(北海道版 毎月中旬、東京版・横浜版 毎月上旬)
体裁:B判タブロイド、フルカラー、8P〜24P
配布:北海道版 北海道内 公立小学校約1040校(配布率99%)
   東京版 東京23区公立小学校約747校(配布率90%)
   横浜版 横浜市内18区の約343校
   ※その他 児童会館や公共施設などにも設置
(2019年2月時点)

※エコチルは、株式会社スクルーと提携している株式会社アドバコムが発行する機関紙です。
お問い合わせ

関連