【キャリチル】聞かせて!プロフェッショナル|大好きな音楽の学びを 仕事に活かして|北海道博物館 アイヌ民族文化研究センター 甲地 利恵さん

五弦琴をかなでる甲地さん

毎回、さまざまな職業で活躍中のプロフェッショナルが登場!「どんな仕事?」「どんな人が向いているの?」などインタビューするよ。今回は、どんな話が聞けるかな?

甲地 利恵さん

北海道博物館 アイヌ民族文化研究センター 研究主幹 [室蘭市出身]

室蘭市生まれ、札幌市育ち。北海道教育大学、東京学芸大学大学院で民族音楽学を専攻。1994年よりアイヌ民族文化研究センターでアイヌ民族の研究(主に音楽)を行う。

 

大好きな音楽の学びを仕事に活かして

―現在のお仕事について教えてください。

北海道博物館のアイヌ民族文化研究センターで、社会貢献グループという部署に所属しています。学術雑誌を作る事務や、特別展示の図録の編集、講師の派遣などが主な仕事です。他の博物館とのやりとりなども行っています。

―今のお仕事につくきっかけは、何だったんですか?

私は子どものころから、民謡や歌謡曲、クラシックやロックなど、いろいろな音楽が大好きでした。大学ではピアノを専攻し、大学3年生のときに入ったゼミで、東北地方やアイヌの民族音楽を学び、たくさんのフィールドワークをしてきました。

そのような経験をいかし、北海道博物館の学芸員として働いています。

―アイヌの音楽には、どのような特徴がありますか?

歌とおどりの演目が多いです。輪唱のように音を重なり合わせることが特徴で、これを「ウコウク」といい「互いに取り合う」という意味があります。また、ムックリという口琴や、五弦琴という楽器も使われます。

博物館は、形がある物の展示をする場所ではありますが、音楽や言葉、歴史といった形の無い「無形文化」を紹介するのが、アイヌ文化研究センターの役割です。北海道博物館には、映像を見たり、音を聞いたりする展示もたくさんあります。

 

正確なことを伝えていきたい

―お仕事をするうえで、心がけていることはありますか?

研究した成果を、分かりやすく展示し、体験してもらうことを心がけています。事実をとらえて、確かなことをみなさんに知っていただくことが重要です。展示を見て、体験いただき、アイヌ民族について考えるきっかけになればと思います。

緑豊かな北海道博物館

―小学生のみなさんにメッセージをお願いします。

アイヌの人々は、これまで差別を受けたり、まちがった考え方をされてきたりしました。正確な事実を学んで、日本の民族についてぜひ考えてみてください。また、博物館に訪れて、展示にふれながら、さまざまな体験をしてほしいなと思います。

 


北海道博物館

エコチルとは?

エコチルとは、「エコロジーチルドレン」の造語で、
「子どもたちに、もっと環境に関心をもってもらえる機会をつくろう」
「地域社会と学校、家庭をエコでつなぐプラットフォームとなろう」
という思いから、札幌版を2006年、東京版を2013年に創刊いたしました。

地域社会(学校、家庭、行政、NPO、企業)をエコでつなぎ、「地球を守るためにできること」を子どもたちと一緒に考えていく−それが「エコチル」です。

創刊:2006年4月
部数:76万部(北海道版25万部 東京版31万部 横浜版20万部
頻度:毎月1回(北海道版 毎月中旬、東京版・横浜版 毎月上旬)
体裁:B判タブロイド、フルカラー、8P〜24P
配布:北海道版 北海道内 公立小学校約1040校(配布率99%)
   東京版 東京23区公立小学校約747校(配布率90%)
   横浜版 横浜市内18区の約343校
   ※その他 児童会館や公共施設などにも設置
(2019年2月時点)

※エコチルは、株式会社スクルーと提携している株式会社アドバコムが発行する機関紙です。
お問い合わせ

関連