北海道を味わいつくそう!3月6日(水)北海道の牛乳・乳製品の専門カフェが自由が丘にOPEN!

北海道産牛乳・乳製品をふんだんに使用した料理やスイーツを提供する専門カフェ「MILKLAND HOKKAIDO → TOKYO」が自由が丘にオープン。

 

北海道の”おいしい”がたっぷり!

3月6日(水)、北海道産の牛乳・乳製品の専門カフェ「MILKLAND HOKKAIDO → TOKYO」が、自由が丘にオープンするよ。これまで、期間限定のお店が開かれたことはあったけれど、常設のお店は自由が丘が初! 今まで好評を博してきた〝選べる!3種の北海道ミルク飲み比べ〟や〝ソフトクリーム〟はもちろん、パンケーキにパフェ、カルボナーラライスにラクレットなど、スイーツや食事メニューがパワーアップ! どれもおいしそうで、何を食べようか迷ってしまうよ。

また、店内では、首都圏ではなかなか手に入らない北海道牛乳を常時10種類以上販売している他、北海道のチーズ工房で作られたナチュラルチーズも多数用意。さらに、北海道酪農を伝える映像放映をはじめ、親子で参加する牛乳・乳製品を使用した料理教室の開催も予定しているなど、北海道酪農の魅力をたっぷり知ることもできるんだ。

おいしくてためになる「MILKLAND HOKKAIDO → TOKYO」に、みんなが遊びに来るのを待っているよ。

MILKLAND HOKKAIDO → TOKYO
〈住  所〉 東京都目黒区自由が丘1丁目26-16 山川ビル1F&2F
〈営業時間〉 11:00〜19:00  〈T E L〉 03-3723-5700
〈定 休 日〉 毎週水曜(水曜が祝休日の場合は翌日)、年末年始 
       ※設備点検などの臨時休業あり
 

北海道の牛乳・乳製品や食材を
ふんだんに使用したオリジナルメニュー

他にも、北海道のチーズ工房のこだわりをつめこんだピザやソフトクリーム、各種ドリンクなど、おいしいメニューがたくさんあるよ!

詳しくはホームページまで! ミルクランド北海道 を検索!

エコチルとは?

エコチルとは、「エコロジーチルドレン」の造語で、
「子どもたちに、もっと環境に関心をもってもらえる機会をつくろう」
「地域社会と学校、家庭をエコでつなぐプラットフォームとなろう」
という思いから、札幌版を2006年、東京版を2013年に創刊いたしました。

地域社会(学校、家庭、行政、NPO、企業)をエコでつなぎ、「地球を守るためにできること」を子どもたちと一緒に考えていく−それが「エコチル」です。

創刊:2006年4月
部数:76万部(北海道版25万部 東京版31万部 横浜版20万部
頻度:毎月1回(北海道版 毎月中旬、東京版・横浜版 毎月上旬)
体裁:B判タブロイド、フルカラー、8P〜24P
配布:北海道版 北海道内 公立小学校約1040校(配布率99%)
   東京版 東京23区公立小学校約747校(配布率90%)
   横浜版 横浜市内18区の約343校
   ※その他 児童会館や公共施設などにも設置
(2019年2月時点)

※エコチルは、株式会社スクルーと提携している株式会社アドバコムが発行する機関紙です。
お問い合わせ

関連