[アクアマリンふくしま]生き物ってオモシロイ!!|今月のどうぶつ:サケビクニン

 

サケビクニン
学名:Careproctus rastrinus
生息地:北海道、北太平洋の深海
分類:スズキ目 クサウオ科

深海にすむ動物たち

ダイオウキジンエビは深海に生息し、体長25cmにもなるエビジャコ科としては世界最大の種です。世界初の展示です。

立派なひげの正体は?

光がほとんど届かない深海(一般的に水深200mより深い海)で生活し、大きさは  ㎝くらいで全体的にうすいピンク色をしています。口の下に細長い糸状のひげが見えます。

これは胸びれの一部が糸状にのびたひれで、味を感知できる細胞があって海底のえさを探します。水族館ではオキアミ(エビの仲間)をえさであげていますが、このひれでふれないと目の前のえさも見つけることができません。えさにふれると大きな口を素早く開き、丸飲みにします。

そのスピードはとても速く、生き物があまりいない深海で、確実にえさを食べる方法だと考えられています。口には小さな歯も付いていますが、えさをかみ切るするどさはありません。

ひげのような胸びれは鰭条といいます

深海魚の省エネ生活

また深海では、高い水圧(押しつぶす力)がかかります。この力に適応するために、ゼラチン質状の体を持つことで水圧に適応しています。水面に出してさわると、体はスライムのようにプルプルしています。

深海ではできるだけエネルギーを使わずに生活するため、泳ぎもゆっくりしています。泳ぎ方も尾びれをふって泳ぐマグロなどの仲間とはちがい、体の後ろ全体を使いユラユラと泳ぎます。このように、深海魚ならではのサケビクニンの形や行動は、深海探査艇に乗るか、または水族館でしか見ることができません。真っ暗な海を泳ぐ姿を想像して観察してみると、ちがった楽しみ方ができます!

展示コーナーは足元が暗いので注意してくださいね

アクアマリンニュース

アクアマリンこども魚市場

福島の漁業を楽しんで学べる企画展を、11月30日(火)まで開催中です。市場で使うコンテナで生きた魚介類の展示、漁具をモチーフにした遊具で「獲る体験・獲られる魚」両方の体験を味わえます。またクイズに正解するとオリジナルカードがもらえます。

 


写真提供:アクアマリンふくしま

アクアマリンふくしま【指定管理者 公益財団法人ふくしま海洋科学館】
〒971-8101 福島県いわき市小名浜字辰巳町50
TEL. 0246-73-2525
https://www.aquamarine.or.jp/

 

エコチルとは?

エコチルとは、「エコロジーチルドレン」の造語で、
「子どもたちに、もっと環境に関心をもってもらえる機会をつくろう」
「地域社会と学校、家庭をエコでつなぐプラットフォームとなろう」
という思いから、札幌版を2006年、東京版を2013年に創刊いたしました。

地域社会(学校、家庭、行政、NPO、企業)をエコでつなぎ、「地球を守るためにできること」を子どもたちと一緒に考えていく−それが「エコチル」です。

創刊:2006年4月
部数:76万部(北海道版25万部 東京版31万部 横浜版20万部
頻度:毎月1回(北海道版 毎月中旬、東京版・横浜版 毎月上旬)
体裁:B判タブロイド、フルカラー、8P〜24P
配布:北海道版 北海道内 公立小学校約1040校(配布率99%)
   東京版 東京23区公立小学校約747校(配布率90%)
   横浜版 横浜市内18区の約343校
   ※その他 児童会館や公共施設などにも設置
(2019年2月時点)

※エコチルは、株式会社スクルーと提携している株式会社アドバコムが発行する機関紙です。
お問い合わせ

関連