【エコチル特集】ちょっとした工夫で さむ〜い冬を暖かく!!

 

1年で最もエネルギーの使用量が多くなる冬。実は、省エネを実践しやすい季節でもあるんだ。 そこで、省エネをしながら暖かく快適に過ごせる工夫を紹介していくよ。

省エネをする理由って?

省エネという言葉をよく耳にするけれど、みんなは省エネの意味を知っているかな? 省エネとは省エネルギーを短くした言葉で、毎日の生活の中で使っている、電気やガスといったエネルギーを効率的に使うことをいうよ。がまんや無理をしてエネルギーを節約するのではなく、むだなく、上手に使うことなんだね。

省エネが大切だといわれている背景には、大きく2つの理由があるよ。1つ目が、電気やガスの元となっている石油や天然ガス、石炭などの資源が、将来、地球からなくなってしまうといわれているから。世界中でエネルギーが不足し、今のような便利な生活ができなくなってしまうかもしれないんだ。

冬は省エネしやすい!?

もう1つが、地球の気温が上がる地球温暖化の問題。地球温暖化の影響により、世界各地で超大型台風や干ばつ、洪水など、さまざまな気候変動が引き起こされ、その原因といわれる温室効果ガスの中で代表的なものがCO2なんだ。このCO2は石油や天然ガスなどを使うことで排出される。つまり、省エネに取り組むことは、CO2の排出を少なくすることにつながり、地球温暖化対策にもなる!

さらに冬は、お風呂にゆっくりつかる、体が温まるものを食べる、普段より1枚多くはおる、カイロを利用するなど、ちょっとした工夫で体を温められるから、電気を使って室温を上げ過ぎる必要がなく、省エネをしやすい季節でもあるんだ。昨年よりも厳しい寒さが予想される今年の冬、ちょっとした工夫で省エネを心がけながら、快適に過ごそうね。 

 

 \たったこれだけで!?/ 少しの行動で省エネができる!

冬の省エネに欠かせないのは、暖房などによるエネルギーの消費を減らすこと。実は、ちょっとしたことで減らせるんだよ。

冷蔵庫の設定温度を「弱」に変えよう

冬は室温が低くなるため、冷蔵庫の設定温度を「弱」にしよう。「強」に比べると庫内温度は高くなるけれど、食材の保存に適さない温度ではないよ。

照明をLEDの照明にしよう

 

照明を白熱電球からLED照明に変更すると、省エネ、照明自体が長寿命、電気代が得になる他、スイッチオンですぐに明るい、オン・オフのくり返しに強い、虫が寄り付きにくいなどのメリットもあるよ。

お湯の使い方を見直そう

水温が低い冬の方が、夏よりも多くのエネルギーを使うんだ。そのため、お湯の設定温度はなるべく低くし、お湯の流しっぱなしにも注意! また、お風呂は追いだきや自動保温をなるべくしないように、家族が続けて入り、短時間でも風呂のふたを閉めようね。

火加減と調理時間をチェックしよう

コンロの炎がなべの底からはみ出ないよう火加減をチェック! 圧力なべを使うと調理の時間が短縮でき、省エネにつながるよ。また、食材を加熱した後に、熱をのがさないように布などで包んで料理を仕上げる“保温料理”も省エネと時短になるよ。  

 

さらなる工夫で もっと “ぽかぽか” に!!

少し工夫するだけで、より暖かくなるよ。どうやればいいのか、具体的に見ていこう!

冷たい場所がなくなるよう、効率良く使う!

  • こたつ布団にはぶ厚いものを使用する
  • こたつには上がけとこたつ敷布団も使う
  • 窓付近に暖房器具を置き、窓からの冷気を防ぐ
  • 断熱マットを敷いて、床側に熱をのがさない
  • フィルターを掃除する

熱をのがさず、冷気を入れない!

  • ガラスに断熱シートをはる
  • カーテンを厚手にし、床に届く長さにする
  • 1つの部屋に集まって一家団らん
  • 扇風機を天井に向けて回す

3つの首(首・手首・足首)を温める!

  • 厚手のくつ下をはく ・ハイネックの洋服を着る
  • ネックウォーマーやマフラーを活用
  • カーディガンをはおる
  • 機能性インナーを着る
  • ひざかけやブランケットを使う

 

[参考]経済産業省 資源エネルギー庁「省エネって何?」 
https://www.enecho.meti.go.jp/category/saving_and_new/saving/general/what/

 

エコチルとは?

エコチルとは、「エコロジーチルドレン」の造語で、
「子どもたちに、もっと環境に関心をもってもらえる機会をつくろう」
「地域社会と学校、家庭をエコでつなぐプラットフォームとなろう」
という思いから、札幌版を2006年、東京版を2013年に創刊いたしました。

地域社会(学校、家庭、行政、NPO、企業)をエコでつなぎ、「地球を守るためにできること」を子どもたちと一緒に考えていく−それが「エコチル」です。

創刊:2006年4月
部数:76万部(北海道版25万部 東京版31万部 横浜版20万部
頻度:毎月1回(北海道版 毎月中旬、東京版・横浜版 毎月上旬)
体裁:B判タブロイド、フルカラー、8P〜24P
配布:北海道版 北海道内 公立小学校約1040校(配布率99%)
   東京版 東京23区公立小学校約747校(配布率90%)
   横浜版 横浜市内18区の約343校
   ※その他 児童会館や公共施設などにも設置
(2019年2月時点)

※エコチルは、株式会社スクルーと提携している株式会社アドバコムが発行する機関紙です。
お問い合わせ

関連