みんなからの疑問・質問にSDGs博士が答えるよ!

 

エコチル北海道版8月号に掲載した「昆虫食でSDGsを考えよう!」を読んだ子からのおたよりに、SDGs博士が答えるよ。同じように感じた子もいたかな? ぜひ読んでみてね!

 

エコチル北海道版8月号
「昆虫食でSDGsを考えよう!」の内容

 

食糧生産のための環境への負荷が少ないことから、SDGsにつながる食材としても注目されている昆虫食を紹介。将来的に必要な食糧が不足する心配があるため、次世代食品として考えられている。

 Q.  昆虫を食べたらかわいそう! 食べるために昆虫をつかまえたら、 自然がみだれると思います。 

A. 昆虫食が、自然や生き物を守ることにつながるんだよ。

大事な意見をどうもありがとう! 昆虫や自然をとても大切に思う気持ちが伝わってきたよ。どうして昆虫食が注目されているのか、くわしく説明するね。  

今、地球は温暖化による気候変動や、世界的な人口の増加など、大きな問題に直面しているよ。2050年ごろには、世界の人口が100億人近くにも増え、今と同じような食生活を続けていては、食糧が足りなくなるかもしれないんだ。  

食糧を確保しながら、地球環境も守るためにはどうしたらいいだろう。そのための手段の1つとして、「昆虫食」が考えられているよ。私たちがよく食べるウシやブタ、ニワトリなどのように、昆虫も計画的に育てることができる。記事で紹介した商品も、自然にいる昆虫ではなく、人工的に繁殖させたものなので、自然には影響しないんだよ。  

ウシやブタなどの家畜には大量のえさが必要で、そのためにエネルギーや水などの資源をたくさん使う。一方、昆虫は少ない資源で育てられるので、環境にあたえる影響も少なくてすむ。それはつまり、自然に生きる昆虫や植物などの生き物を守ることにつながるよ。  

豊かな地球や自然を守っていくために、私たちの「食」がどうあるべきか、とても難しい問題だけどみんなも考えてみてね。 

エコチル編集部

エコチルとは?

エコチルとは、「エコロジーチルドレン」の造語で、
「子どもたちに、もっと環境に関心をもってもらえる機会をつくろう」
「地域社会と学校、家庭をエコでつなぐプラットフォームとなろう」
という思いから、札幌版を2006年、東京版を2013年に創刊いたしました。

地域社会(学校、家庭、行政、NPO、企業)をエコでつなぎ、「地球を守るためにできること」を子どもたちと一緒に考えていく−それが「エコチル」です。

創刊:2006年4月
部数:76万部(北海道版25万部 東京版31万部 横浜版20万部
頻度:毎月1回(北海道版 毎月中旬、東京版・横浜版 毎月上旬)
体裁:B判タブロイド、フルカラー、8P〜24P
配布:北海道版 北海道内 公立小学校約1040校(配布率99%)
   東京版 東京23区公立小学校約747校(配布率90%)
   横浜版 横浜市内18区の約343校
   ※その他 児童会館や公共施設などにも設置
(2019年2月時点)

※エコチルは、株式会社スクルーと提携している株式会社アドバコムが発行する機関紙です。
お問い合わせ

関連