【参加無料!絶賛開催中!】TOKYO KANKYOスタンプラリー〜地球のために、今ぼくたちができること〜

「エネルギー」「廃棄物」「自然環境」など、私たちが住む地球にはさまざまな環境課題が存在しているんだ。

東京都環境公社の体験型環境イベントに参加して、未来の地球環境を守るために“今自分にできること”を考えてみよう!

 

参加無料!スタンプを集めるとオリジナルグッズがもらえるよ。
「TOKYO KANKYOスタンプラリー 
 〜地球のために、今ぼくたちができること〜」

開催日
2018年7月21日(土)〜2019年 3月10日(日)

参加方法
イベントに参加してスタンプラリー用紙をもらおう!
各イベントのスタッフに声をかけて、スタンプを押してもらってね。

対象イベント
里山へGO!、水素情報館「東京スイソミル」、中央防波堤埋立処分場見学会、クール・ネット東京(環境フェア出展ブース)

 


東京都環境公社 連携推進担当係
TEL:03-3644-8886
https://www.tokyokankyo.jp/18067.html

エコチルとは?

エコチルとは、「エコロジーチルドレン」の造語で、
「子どもたちに、もっと環境に関心をもってもらえる機会をつくろう」
「地域社会と学校、家庭をエコでつなぐプラットフォームとなろう」
という思いから、札幌版を2006年、東京版を2013年に創刊いたしました。

地域社会(学校、家庭、行政、NPO、企業)をエコでつなぎ、「地球を守るためにできること」を子どもたちと一緒に考えていく−それが「エコチル」です。

創刊:2006年4月
部数:76万部(北海道版25万部 東京版31万部 横浜版20万部
頻度:毎月1回(北海道版 毎月中旬、東京版・横浜版 毎月上旬)
体裁:B判タブロイド、フルカラー、8P〜24P
配布:北海道版 北海道内 公立小学校約1040校(配布率99%)
   東京版 東京23区公立小学校約747校(配布率90%)
   横浜版 横浜市内18区の約343校
   ※その他 児童会館や公共施設などにも設置
(2019年2月時点)

※エコチルは、株式会社スクルーと提携している株式会社アドバコムが発行する機関紙です。
お問い合わせ

関連