新型コロナウイルス感染防止のため
教室が体験受入れを停止している場合があります

なるほど!牛乳Q&A|Q.かぜ予防に効果がある飲み物があるの?

Q.かぜ予防に効果がある飲み物があるの?

A.牛乳は免疫力を高めてくれるから、かぜ予防になるよ!

人の体には侵入してきたウイルスを排除する“免疫”という力が備わっているんだ。免疫力を高める効果が期待されているのが、たんぱく質という栄養素。その中でも、動物性たんぱく質が効果大! 特に牛乳は良質な動物性たんぱく質をふくみ、コップ2杯で1日に必要なたんぱく質を手軽に取ることができるよ。かぜ予防にもってこいだね! 寒いときには、ホットミルクで温まるのもおすすめだよ。かぜをひかないよう、日ごろから栄養バランスの取れた食生活を送り、牛乳も積極的に取るようにしようね。

かつては貴重だった牛乳

中国では、元の時代にまとめられた、天子(君主)の病を防ぎ、不老長生を目的とした書物『飲膳正要』の中に、牛乳の薬効が記されているんだ。また、明の時代の書物『本草綱目』には、牛乳をせんじて作った物が、ときの帝の病を治したとも書かれていたよ。

そんな牛乳が日本に入ってきたのは、仏教が伝来した飛鳥時代のころ。『神農本草経集注』という書物の中に、薬としての牛乳の効果や乳牛飼育法が明記されていたことで、牛乳について知ることができたんだ。ただ、牛乳や乳の加工品である蘇は、天皇や貴族など一部の人にのみに許された貴重な食べ物で、庶民の口に入るのはまだまだ先のこと。でも、今も昔も、牛乳が私たちの健康を支えてくれていたんだね。

牧場から届ける「らくのうだより」絶賛放送中!
TBSで毎週日曜日 朝6:40〜6:45ごろ

 


関東生乳販売農業協同組合連合会
〒113-0034
東京都文京区湯島2-18-6 湯島夏目ビル7F
TEL. 03-5844-3061

エコチルとは?

エコチルとは、「エコロジーチルドレン」の造語で、
「子どもたちに、もっと環境に関心をもってもらえる機会をつくろう」
「地域社会と学校、家庭をエコでつなぐプラットフォームとなろう」
という思いから、札幌版を2006年、東京版を2013年に創刊いたしました。

地域社会(学校、家庭、行政、NPO、企業)をエコでつなぎ、「地球を守るためにできること」を子どもたちと一緒に考えていく−それが「エコチル」です。

創刊:2006年4月
部数:76万部(北海道版25万部 東京版31万部 横浜版20万部
頻度:毎月1回(北海道版 毎月中旬、東京版・横浜版 毎月上旬)
体裁:B判タブロイド、フルカラー、8P〜24P
配布:北海道版 北海道内 公立小学校約1040校(配布率99%)
   東京版 東京23区公立小学校約747校(配布率90%)
   横浜版 横浜市内18区の約343校
   ※その他 児童会館や公共施設などにも設置
(2019年2月時点)

※エコチルは、株式会社スクルーと提携している株式会社アドバコムが発行する機関紙です。
お問い合わせ

関連